の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

母の入院

12月10日(金)、母の左眼手術
2階の母の病室へ向かう為エレベーターの前に立つと妹が
「ほらほら!!かさぶらんか姉ちゃん、階段!階段!!」・・・メタボの姉を思いやる妹 037.gif037.gif037.gif
一階の待合室など広々とした空間だったこの病院、階段の踊り場等もステキな空間でした

b0182884_2221154.jpg


b0182884_22212399.jpg


2階へあがると土足禁止、スリッパに履き替える下駄箱の上にはステキなアレンジや絵画
b0182884_22213022.jpg


廊下壁
b0182884_22213795.jpg


食堂には大きなクリスマスツリー
b0182884_22214688.jpg


広々とした病室内の洗面化粧台も違和感を感じさせないものでした
b0182884_2221552.jpg


病室は3人部屋、母より一つ年上の方がお隣、そのお隣さんは母とふたつ違い
お二人ともとても気さくな方で同世代という事もあり、
まるで昔からの知り合いみたいに楽しいおしゃべりが始まった
それぞれの子供達の話からいつの間にやら自分達の子供の頃へと・・・・・
「あなたから学校も義務になったでしょう~?」
「そう~私達の年代から義務にかわりましたね~!!」
1941年(昭和16年)の国民学校冷により、国民学校が設置され
尋常小学校と高等小学校は消滅、母の年代から義務となったらしい

b0182884_2222970.jpg


午後からの手術とだけしか解っていなかった当日、
午前中の診察を終え手術の順番が決まったようで
この日は7人の手術が行われ、母は6番目

初めての眼科手術を受ける3人にとって緊張と不安・・・・
母より先に20~30分程で手術を終えられたお二人は、
「全く痛くも痒くもなかったわよ」と笑顔で部屋へ戻って来られた
17時から手術予定だった母、準備の為に看護士さんに手をひかれ病室を出ていく

b0182884_23184337.jpg


b0182884_2222191.jpg


事前にみなさんよりも長くかかると言われてはいたものの戻って来たのは18時を過ぎていた
車椅子で部屋に戻って来た母の顔には笑みは全くなかった。。。。。。。
濁りをとってしまうのに時間がかかり麻酔が切れ始めたようだったと話す母
暫くベットに横になり、食堂で一人遅い夕食
「ほらほら!お野菜食べてない!!お父さんにはよくそう言ってたくせに~」と妹
「そのかぼちゃのそぼろ煮美味しそうねぇ~」と言う私
その後しっかりお口の中に入れてもらいました 003.gif037.gif
食欲がなかった母は早々に病室へ戻り、子供達の家路を心配する
b0182884_2743.jpg

弟、妹夫婦、私、誰一人食事でもして帰ろうかという言葉を出す元気もなく
それぞれの車に乗り込み病院をあとにしました

高速道路を運転するのは初めてだった私
行きは降りる場所を間違え、ひとつ先の料金場まで車を走らせてしまった 008.gif037.gif008.gif
夜は益々不安・・・・・・そんな中、ハウステンボスのどこからでも臨む事ができる
高さ105メートルの街のシンボルタワー「ドムトールン」の光の塔が見えてきました

今、ハウステンボスでは東洋一のイルミネーション、
700万球の光が街を彩る 『2010光の王国』 が開催されている

コンビニに立ち寄り遠くに見える光の塔をみながら主人と一度来てみたいなぁ~
そんな事を思いながら缶コーヒーを飲みチョッとひと息 063.gif
何事もなく無事に帰宅する事ができました


昨日(13日)の午後、予定通り母が退院
全く見えなかった左眼が0.4まで見えるようになり、母以上に先生ご本人も驚かれていたとか・・・・・
今まで気にならなかった小さなゴミなどまで見えるようになった母
新たな別世界をもらったと嬉しそうな顔をして帰宅した母の姿を安堵の表情で出迎えた父でした
トラックバックURL : https://yurimusume.exblog.jp/tb/14569390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-12-14 12:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みーこ at 2010-12-14 21:38 x
こんばんは。
お母様の退院おめでとうございます。
また入院中のお父様のお世話を。お疲れさまでした。
視力が回復されて本当に良かったですね!
未だ加齢による目やその他の体の機能の低下を実感をしていませんが、
出来ていたことが出来なくなる。。。そんな心細さや不安感をもっと理解してあげれば良かったと。。。

いつまででもお母様は母なのですよね。
自分のことより子供たちの帰路を心配される気持ち。
嬉しいですね(^^)
Commented by kasaburannkatei at 2010-12-15 10:13
✿✿✿さん、おはようございます(^.^)
まさかこんなに視力回復になるなんて万万歳です゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

先生の技術はもちろん設備も整い、また母達より先に退院し一人になったお部屋には
3人部屋の真ん中の方は両方に方に気を使うからと移動されたり
お食事はみんなで食堂へ~母もたくさんのお友達ができたようです
全てのスタッフがこんなにいい病院はない!!と言っていた母
予約3か月以上待ちも納得できる眼科でした

高速道路の初運転、怖かったぁ~。:゜(;´∩`;)゜:。
一瞬で大事故を招くんですものね
田舎の暴走の方がまだマシだわぁ~(笑)

無料券が手に入っても腰を上げない主人なの~(ノω=;)。。。
何かいい案がないかしら~♪

昨日は午後からしっかりと休み、今日は元気!元気(^-^)にこっ♪
今日は外も一気に冬型の天気、今日まで仕事もお休みをもらいました
Commented by kasaburannkatei at 2010-12-15 10:25
みーこさん、おはようございます(^.^)
おかげさまで母も視力回復して退院できました
母の入院中、実家で一人寂しくしている父の側に妹とバトンタッチし
父娘水入らずで楽しい夜を過ごしました
病院でも寝泊りをしたことはありますが、その時は父もうなされている状態
おしゃべりもできなかったので、今回は思い出に残る時間でした♪

”当たり前” いつまでも続くことではないんですよね。。。。。
その時になってみないとなかなか理解できないものの
みーこさんも精一杯の事をなさってきたのですから
天国のご両親も感謝でにこにこ(^-^)♪、感謝してますよ(*^_^*)

いくつになっても親は親ですね(^.^)
by kasaburannkatei | 2010-12-14 09:55 | 家族 | Trackback | Comments(4)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei