プリムラ  ”マラコイデスロリポップミックス”

種まきから初挑戦のプリムラ  ”マラコイデスロリポップミックス”
発芽率50%程度、お花の成長も不調
なんとかプランターひと鉢にまとめ、楽しめる程度でした^^;

トップ5枚は、クリックで大きくなります
b0182884_0101866.jpg


プリムラ・マラコイデスは、中国雲南省、四川省に分布するサクラソウの仲間
本来毎年咲く多年草ですが、高温多湿に弱く花後に枯れてしまうことが多いため
園芸では一年草として扱うことが多い
秋にタネをまいて翌春の花を楽しむのが一般的

b0182884_0104018.jpg


プリミンという化合物が含まれており、葉っぱなどに触れると
皮膚が弱い人はかぶれることがあるので注意した方がよいそうです

b0182884_0105487.jpg


プリムラは北半球に200種以上の原種が分布し、マラコイデスはその一品種で
1884年、フランスの宣教師によりヨーロッパにもたらされ、改良が始まりました
日本原産のサクラソウもこの仲間で、主な開花期は12~翌4月頃です

この中国の原種をヨーロッパで改良したものを総称してプリムラと呼び
代表的なものはプリムラ マラコイデスの他、プリムラ ポリアンサ
プリムラオ ブコニカ、プリムラ ジュリアンなどがある

b0182884_011337.jpg


属名の「プリムラ(Primula)」はラテン語の「プリムス(最初の)」と
言った意味で、この花が、早春に花を咲かせることにちなみます
英名の「fairy primrose(フェアリー プリムローズ)」も同じく
ラテン語の「最初のバラ」という意味で、春一番に咲く美しい花からとされます

和名は日本のサクラソウに似ていて、小振りな花からオトメザクラ(乙女桜)
または葉裏や茎が白い粉をかぶったように見える株があることから
ケショウザクラ(化粧桜)といいます

b0182884_011128.jpg


科属名 : サクラソウ科 プリムラ属  耐寒性1~2年草

学名 :  Primula malacoides

原産地 : 中国雲南省 

別名 : ケショウザクラ オトメザクラ

花言葉 : 運命を開く 素朴 気取らない愛


サカタのタネ プリムラ マラコイデスロリポップミックス



2月21日撮影
b0182884_0115329.jpg


3月11日撮影
b0182884_012495.jpg


b0182884_0121459.jpg


b0182884_0122282.jpg


b0182884_0123396.jpg


3月28日撮影
b0182884_0133421.jpg


b0182884_0134371.jpg


3月30日撮影
b0182884_01459.jpg


b0182884_0141412.jpg


b0182884_0142591.jpg


昨年、母からリビングストンデージーを分けてもらった時のプランター
ず~~~と借りっぱなしでしたので、プリムラいっぱいにして返そうと
思ったら、3分の1程度・・・・・
宿根ネメシアに植え替えて返す予定(笑)
b0182884_0144065.jpg



今日から4月
初めて親元を離れ学生生活スタートの甥っ子
震災復興支援開発の為、単身赴任の妹の主人
私達もあらたな施主さま宅の仕事開始です
トラックバックURL : https://yurimusume.exblog.jp/tb/20228305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-04-01 08:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kasaburannkatei at 2013-04-01 22:08
こんばんは(^.^)
種まきからなかなか生長しなかったので失敗に
終わったと諦めてましたが、こうして少しだけですが
楽しむことができました
本当は、赤系のお花も咲くはずだったのですが^^;
来年は、零れ種で楽しめるといいなぁ~♪
初めてのお花は特に成長記録を残しておきたくて~

早いもので今日から4月突入
気持ちを引き締めて頑張って過ごして参りましょう~(*^ー^*)ノ 
by kasaburannkatei | 2013-04-01 07:27 | 花図鑑 春 | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei