の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

フリージア

フリージアの仲間は南アフリカから熱帯アフリカにかけて
16種類 (10種類という記事もあるようです)が分布しています。
日本で栽培されているのはオランダで改良されたリキトリニー種、
スパルマンニー種、コリンボーザ種、赤や紫色のアームストロンギー種などが
交配された園芸品種です。

細い花茎の先端の片側に小さなユリ状の花が並んで咲き、
5~10個の花が下から順に咲いていきます。
草丈は30~50cmで開花期は3~5月頃です。

花色は赤・白・黄・橙・ピンク・青・紫・八重咲き・半八重咲き・大輪と多彩で、
芳潤な香りを漂わせるおしゃれな花です。ただ白のような強い香りはありません

和名は、明るい黄色のイメージから「アサギスイセン(浅黄水仙)」といいますが、
スイセンやアヤメに似た「ショウブズイセン(アヤメズイセン)菖蒲水仙」や、
春の香りをぷんぷんと匂わせ、ランにも似ているので「コウセツラン(香雪蘭)」などと
呼ばれています。

属名の「フリージア(Freesia)」は、この植物を発見したデンマークの植物学者
「エクロン(C.F.Ecklon)」の友人である、ドイツ人の医師「フレーゼ(F.H.T.Freese)」を
記念して付けられた、または南アフリカ植物を研究していたスウェーデン人の
「フリス」の名を記念したものといわれます。  魅る魅るガーデニング より

b0182884_4591091.jpg


18世紀の中頃に南アフリカで発見されてヨーロッパに紹介されました。
日本へは明治の後半にオランダから球根を輸入したのが最初とされますが、
本格的に栽培されるようになったのは昭和に入ってからです。
当時はレフレクタの白花種アルバと黄花の園芸品種’バターカップ’が
栽培されていました。
昭和30年代に入ってオランダから新しい園芸品種が多く導入されるようになり、
現在のようなカラフルな色彩のフリージアが出てきました。

b0182884_4593147.jpg


科属名 : アヤメ科 フリージア属 球根性多年草

学名 : Freesia 

原産地 : 南アフリカ 

別名 : アサギスイセン(浅黄水仙) 香雪蘭

花言葉 : 赤・・・純潔・愛想のよさ   黄・・・無邪気  紫・・・期待・感受性・あこがれ
       白・・・あどけなさ・清い香り・慈愛・親愛 
     



3月19日撮影
b0182884_502134.jpg


b0182884_52780.jpg


b0182884_522072.jpg


3月28日撮影
b0182884_52518.jpg


3月30日撮影
b0182884_5143836.jpg


b0182884_5145933.jpg


フリージアの側では、クリープングタイムが勢いよく生長し
たくさんの蕾をつけてます
b0182884_5163443.jpg


b0182884_5165116.jpg


またその側ではテッポウユリもイノシシ被害に遭うことなく~
b0182884_5175199.jpg


b0182884_518187.jpg


b0182884_5183076.jpg


今年はフリージアもたくさん咲いてくれたので
シモクレンと一緒に活けたり、一輪挿しに投げ込んだり
いい香り~も一緒に楽しむことができました
トラックバックURL : https://yurimusume.exblog.jp/tb/20237786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-04-04 17:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kasaburannkatei at 2013-04-04 21:28
昨年まで日陰でひっそり咲いていたフリージア
お日さまからパワーを貰って、今年は活けて楽しめるほど
沢山咲いてくれましたヾ(*´∀`)ノ
刈り込んでいたクリープングタイム、どんどん広がってます
鉄砲百合の側に植えてから、イノシシ被害がなく
このハーブの香りはイノシシ対策になりそう~(笑)
庭のお花も少しずついけばなで楽しめるものに変わっていってます
もっともっとセンスを磨かないとね^^;

今日は木曜日~(笑)
庭仕事、捗りましたか~
私もいつもより1時間ほど早く帰宅できたので
1時間ほど草取りができました
by kasaburannkatei | 2013-04-04 07:00 | 花図鑑 春 | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei