の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ヒマワリ F1サンリッチ フレッシュオレンジ

サンリッチヒマワリは、切り花として売られているヒマワリの

70%以上を占めているという

タキイ種苗(株)の研究農場で育種に取組み始めてから

十数年という長い時間をかけ開発・誕生した

花粉がなく花の直径が10cmくらいと小さく、草丈が150cm前後で

茎が細いサンリッチヒマワリが91年に市場に登場し

日本だけではなく世界の花市場に、切り花のヒマワリ市場を創出し人気品種となっていく

「サンリッチ」とは「太陽(sun)に満ちあふれた(rich)」に由来し

現在、オレンジ、マンゴー、レモン、パインなどフルーツの名前を付けた品種が発売されている



b0182884_15351079.jpg



フレッシュオレンジは、濃いオレンジ色花弁がきれいに整って並ぶ
美しい花型のヒマワリで、切花用ひまわりサンリッチの緑芯タイプ
花芯が緑色から次第に美しい橙色に変化する

花粉が出ず、側枝も出ない完全1本立ち品種、周年最短55日で開花する
F1サンリッチシリーズ 55日タイプ適温さえ保てば春~初秋までまくことができる



b0182884_15351793.jpg



草丈は約100150cm 花の直径は10~20cm前後

播種時期は4月上旬~7月上旬 発芽温度は25℃前後

開花時期は6月中旬~7月中旬 9月中旬~10月中旬(まく時期により異なる)




b0182884_15352201.jpg



b0182884_15352949.jpg


まき方 

水をしっかりと含ませた種まき培土に1520cm間隔で23粒ずつまき、
生育の良いものを残して間引く
植え付け間隔を広くとると花が大きくなり、狭くすると小さくなる


育て方 

日当たりと水はけが良ければ土質を選ばず、やせ地でも作れる
発芽から生育初期にかけては、土中の深いところにしっかりと
根が張るように地表面が乾いたらたっぷりと水を与える




b0182884_15353559.jpg


科属名 : キク科 キク亜科 ヒマワリ属


学名 : Helianthus annuus


産地 : チリ


別名 : 日輪草(ニチリンソウ)


英名 : Sunflower


花言葉 :あなたを見つめる  



参照








5月上旬にポットに種蒔き

b0182884_15481623.jpg




6月2日撮影

b0182884_15482248.jpg

フレッシュレモン5月中旬から下旬には定植できる苗ができご近所さんにも
おっそ分けしたものの、わが家は多忙な仕事の日々が続き
定植できないまま・・・・・
こんな苗でも大丈夫かな? ダメもとで中花壇に定植してみました



6月19日撮影

b0182884_15482883.jpg



b0182884_15483440.jpg

全ての苗が元気に根付いたようです



7月11日撮影

b0182884_15484872.jpg
 


手前はミニヒマワリ 夏物語
後方左がF1サンリッチ フレッシュオレンジ、右がフレッシュレモン


フレッシュレモンが先に開花し、側枝も出ましたが
フレッシュオレンジは側枝も出ず完全な一本立ちでした

b0182884_15485438.jpg
 



b0182884_15490091.jpg



b0182884_15490453.jpg


b0182884_15491392.jpg



b0182884_15492032.jpg



b0182884_15492672.jpg



b0182884_15493173.jpg



b0182884_15493790.jpg



b0182884_15494582.jpg


7月20日撮影

b0182884_15495161.jpg

サンリッチシリーズは、開花期間が短かった為
庭で楽しむには少し物足りない感じがするヒマワリでした




トラックバックURL : https://yurimusume.exblog.jp/tb/29571384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kasaburannkatei | 2019-08-14 16:08 | 花図鑑 夏 | Trackback

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei