の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:鳥( 291 )

ウグイス

今年も早朝からウグイスが鳴き朝の目覚まし代わり
仕事に出かける際は、いってらっしゃいと見送ってくれ
仕事から帰宅するとお帰りなさいと出迎えてくれる

 
b0182884_00192009.jpg






More
by kasaburannkatei | 2019-03-31 00:24 | | Trackback | Comments(2)

メジロ

メジロなど群れでやって来るようになり、毎日、賑やかになってきました


b0182884_21315827.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-12-08 22:07 | | Trackback | Comments(2)

ジョウビタキ

ジョウビタキは日本に冬越えのためにやってくるため、基本的に繁殖は行いません
非繁殖期のジョウビタキは、1羽で活動しています
縄張り意識が非常に強く、自分の縄張りに入ってきたものは、オスメス問わずに追い払います

そのため、毎年、家の周りではオスメスどちらかの姿しか見れませんでしたが
今年はどうしたことかオスメス一緒にいる姿をよく目にしていましたが
そんな時に限ってコンデジを手元に持っていなかったり、コンデジを向けた途端
どちらかに逃げられてばかり(^^;

やっと今日、一枚だけ撮ることができ、トリミング

左下がオス、右上がメス


b0182884_20180416.jpg

オスは頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色。
メスは体が灰色味のある茶色。翼に白斑があります。
日本では冬鳥で、積雪のない地方で越冬し、平地から低山の農耕地、
住宅地、公園、河原などに生息します。
ただし、北海道では1例ですが繁殖したことがあるほか、本州中部の
高原地帯では繁殖するものも出てきています。

名前のジョウは「尉」で銀髪のこと。
ヒタキは「火焚」で、火打石をたたく音に似た音を出すことからジョウビタキなのです。
翼にある白い斑点をキモノの紋に見たてて、モンツキドリという地方があり、
ときどきぴょこんとおじぎをして尾をふるわせる、かわいい冬鳥です。

その動作から、こんな話が―
昔、スズメとモンツキドリは姉妹でした。
母親が重い病気になったとき、スズメはお歯グロを塗っていましたが、すぐやめて
駆けつけたので死に目に会うことができました。
ところがモンツキドリは、化粧をしたりモンツキを着たりと時間をかけたので、
死に目に間に合いませんでした。
怒った父親はモンツキドリに「もう、こんりんざいタベモノをやらない」と言いました。
だから今でもモンツキドリ―ジョウビタキは、おじぎをしているのです。
いっぽうスズメの口もとが黒いのは、途中で塗るのをやめたお歯グロのあとだというのですが・・・
西瀬戸内地方にある民話です。

参照





More
by kasaburannkatei | 2018-11-21 20:44 | | Trackback | Comments(2)

ジョウビタキ

朝からかわいい鳴き声が聞こえてくる
今季初のジョウビタキはメスでした

b0182884_22144359.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-10-21 22:24 | | Trackback | Comments(2)

羽づくろい

今日は一日中、どんより曇り空

リビング前の電柱に十数羽の鳥
幼鳥のヒヨドリかと思いつつ写真を撮ったものの
PCに取り込んでみるとヒヨドリではなさそうな感じだけれど・・・


b0182884_21092662.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-09-24 21:18 | | Trackback | Comments(2)

ウグイス

一日に何度もやってきては、美しい声を奏でるウグイス


b0182884_22212167.jpg



b0182884_22213119.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-06-03 22:27 | | Trackback | Comments(2)

ウグイス

昨年までは、竹藪の中でさえずり、なかなか姿を見ることがなかったウグイスでしたが
今年はよく見える場所でさえずってくれてます


b0182884_21443514.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-04-26 21:53 | | Trackback | Comments(2)

ウグイス

夕方、花が閉じたリビングストンデージーの花がら摘み作業
すぐそばでウグイスの鳴き声がするので手を休み探してみる


b0182884_23300323.jpg



b0182884_23303392.jpg








More
by kasaburannkatei | 2018-04-01 23:37 | | Trackback | Comments(2)

ヒノキ

花粉症で辛い日々を過ごしておられる方々が多くなりました

自社工場横では、今年もヒノキの花の蕾がたくさんついています

3月7日撮影

b0182884_21062598.jpg

ヒノキの花は、小枝の先に雌雄の花が別々につきます
ヒノキは花粉の運搬を風にまかせる風媒花なので
雌雄どちらの花にも花弁などはなく,地味な花です
雄花はたくさんの数を一斉に咲かせるので目につきやすいですが
雌花は見たことがありません

4月に開花し、受粉した後,5月にはすでに球果の形になっていきます
7月になると,表面が茶色く変色しだし、この後しだいに木質化
秋には熟して果鱗が割れ,種がこぼれ落ちます


駐車場には、枯れ葉とこぼれ落ちた種

b0182884_21063998.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-03-09 21:26 | | Trackback | Comments(2)

ウミネコ

海岸側での仕事は、海鳥に出会える楽しみがある

3月6日撮影

b0182884_23002240.jpg



b0182884_23005220.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-03-08 23:11 | | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei