の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ルリマツリ

b0182884_1450130.jpg


半つる性状に伸びる細い茎を旺盛に繁らせ、横に広がるようによくのびます
葉は4~7㎝ほどの長楕円形で互生し、花径は約2.5㎝、
白または淡いブルーや濃いブルーの花を次々に咲かせます
花の寿命は約一週間と短いのですが、初夏から秋にかけてと花期は長く
ときには初霜の頃まで咲くこともあるそうです

科属名 : イソマツ科 プルンバゴ属  

原産地 : 南アフリカ 

別名 : プルンバーゴ アオマツリ(青茉莉) 

英名 : Cape leadwort 

花言葉 : ひそかな情熱 同情 いつも明るい 陽気な 

別名のプルンバーゴは、この花が鉛の解毒作用を持つことから、ラテン語の「plumbum(鉛)」だそうです
和名の「ルリマツリ(瑠璃茉莉)」は、花姿がジャスミンの仲間「マツリカ」に似ているところからの命名

b0182884_14535929.jpg


6月21日撮影
b0182884_1440352.jpg


b0182884_14401167.jpg


7月2日撮影
b0182884_1440584.jpg


8月4日撮影
b0182884_14414229.jpg


b0182884_1441508.jpg


8月15日撮影
b0182884_14432489.jpg


9月1日撮影
b0182884_14444090.jpg


b0182884_14444875.jpg


9月2日撮影
b0182884_14492449.jpg


b0182884_14493587.jpg


9月に入ると花もひとまわり小さくなり、淡いブルーの花色は、益々淡いものとなってます
by kasaburannkatei | 2010-09-30 08:36 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

初収穫のパプリカ

今年は害虫被害でなかなか収穫できるまでに至らなかったパプリカでしたが
やっと!や~~~と色づき始めました003.gif038.gif038.gif

9月20日撮影
b0182884_21261375.jpg


他のパプリカはまだまだ大きくなっている最中~

b0182884_21262275.jpg


b0182884_21263384.jpg


b0182884_2126414.jpg


9月24日撮影
b0182884_21274819.jpg


b0182884_21275987.jpg


初収穫~~~041.gif038.gif041.gif

b0182884_21311413.jpg


真っ赤に色づいたパプリカ・・・・・ところが反対の面は 037.gif008.gif037.gif

b0182884_2128880.jpg


9月26日撮影
b0182884_21285254.jpg


パスタに入れて美味しく頂きました 003.gif003.gif003.gif
by kasaburannkatei | 2010-09-29 08:18 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
9月21日撮影
b0182884_2325492.jpg


b0182884_2326068.jpg


b0182884_23263337.jpg


b0182884_23264541.jpg


b0182884_23265968.jpg



9月24日撮影

b0182884_2255873.jpg


b0182884_2255303.jpg


b0182884_22553779.jpg


雄しべが4本と雌しべが花筒からとび出すヒメノウゼンカズラ
花筒が落ちた後は雌しべだけが残っています


昨日は一日中雨 057.gif057.gif057.gif
最低気温20℃ 最高気温22℃と一気に気温が下がった
今朝は晴れ 058.gif

b0182884_92299.jpg


b0182884_921484.jpg


やっとアブラムシがいなくなったトウワタ、またたくさんのお花を咲かせ始めました 003.gif038.gif041.gif
by kasaburannkatei | 2010-09-28 09:05 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

カラムシ(苧・苧麻)



b0182884_21562628.jpg


昨年、ご近所のある老夫婦が散歩でわが家の前を通られる時に立ち話をし、名前が解ったカラムシ
戦時中まだ小学生だった頃、登校する際にこのカラムシをたくさん
抱えて登校しなくてはならなかったとお話して下さいました
なんでも軍服を作る為、カラムシの繊維を集めて軍部に供出していたそうです

b0182884_21563537.jpg


茎の皮からは衣類、紙、さらには漁網にまで利用できる丈夫な靭皮繊維が取れるため、
分布域では6000年前から栽培されてきた
このため日本に自生するカラムシは、繊維用に有史以前から
栽培されてきたものが野生化した、史前帰化植物であった可能性が指摘されている
新潟県の十日町市で江戸時代から織られている伝統的な織物、越後縮はこれで織られている

科属名 : イラクサ科 カラムシ属 

原産地 : 日本~アジア南部

別名 : マオ(真苧)、クサマオ、チョマ、アオソ(青苧)

漢名 : 苧麻(チョマ,zhuma)

英名 : China grass, Ramie  

花言葉 :

葉の裏に白い毛のある白チョマ(カラムシ)と、毛の無い緑チョマ(アオカラムシ)があるようです


b0182884_21564596.jpg


b0182884_21565520.jpg


b0182884_2157796.jpg


b0182884_21571777.jpg


今年もカラムシの葉は穴だらけ
昨年UPした蜂さん が今年も石垣の中の巣へせっせと運んでいました

昨年のフォトより
b0182884_22415740.jpg


b0182884_22412291.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-27 08:08 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

ひまわり

ひまわりの語源は日廻り、つまり日を追って回る花という意味
実際に若い茎や咲き始めの花は太陽を追って回ります
しかし、花がよく開いた後は動かなくなり、多くの花は東向きに咲きます

b0182884_031758.jpg


科属名 : キク科 ヒマワリ属 

原産地 : 北アメリカ中・西部

別名 : 日車(ひぐるま)、日輪草(にちりんそう)、天竺葵(てんじくあおい)、日向葵(ひゅうがあおい)、
      天蓋花(てんがいばな)、迎陽花、照日葵(しょうじつき)、望日蓮、転日蓮、西蕃葵(さいばんき)、
      羞天花(しゅうてんか)

花言葉 : 私の目は、あなたを見つめる  あなたはすばらしい  長い恋からの結婚 
       輝き  素敵  崇拝  敬慕 愛慕 憧れ


古代インカ帝国では太陽の花と尊ばれ、石造りの神殿にはひまわりの花が彫られ、
司祭や太陽神につかえる聖女たちは、金細工のひまわりを身につけていました

16世紀にコロンブスがアメリカ大陸を発見した後、1564~71年の間にスペインの医師
ニコラス・モナルデスがスペイン王立植物園に持ち込み、ヨーロッパに広まりました

観賞用に栽培、改良され、ロシアでは食用として改良されて畑で栽培されました

フランスのルイ14世は「太陽王」の名前の通り太陽の花ひまわりを好み、自分の紋章にしました
ベルサイユ宮殿の正門には今でもひまわりが植えられています

ヨーロッパから中国にもたらされたひまわりは、17世紀中ごろに中国から日本に伝来しました。

当時は「丈菊(じょうぎく)」と呼ばれていましたが、元禄時代(1688~1704)のころに
ひまわりという名前が広まったと考えられています

 ひまわりのコーナー 

また夏の暑い盛り、ひまわりの花色はお腹の消化吸収力を高め、食欲増進に役立つのだそうです

b0182884_0312078.jpg


b0182884_0314487.jpg


b0182884_0315570.jpg


b0182884_032864.jpg


b0182884_0321956.jpg


b0182884_032313.jpg


b0182884_032405.jpg


b0182884_0325081.jpg


b0182884_033097.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-26 11:49 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

9月のいけばな

 *■*―――――*■* 9月の花材 *■*―――――*■*
 
 アジサイ、ヒマワリ、ふでケイトウ、オンシジューム、ドラセナ



今月は、前半の部と後半の部で同じ花器を使う人が多かった
同じ花材、同じ花器でもそれぞれの個性が出て楽しい時間でした

b0182884_2295818.jpg


b0182884_22101167.jpg


b0182884_22102930.jpg


b0182884_22103854.jpg


b0182884_22194480.jpg


b0182884_22195888.jpg


b0182884_2220289.jpg


b0182884_22203990.jpg


なかなか写真では、前に出した花材の感じが出難く解りにくい為
参考資料にと少し回転させ撮ってみた

b0182884_22204931.jpg


b0182884_22241272.jpg


b0182884_22242554.jpg


b0182884_2224364.jpg


b0182884_22244663.jpg


b0182884_22245959.jpg


b0182884_22251311.jpg


今月から叔母も入部となり、若い頃に習っていたらしく基本に忠実に活けていた
「この部は自由花ですし、基本に忠実よりもラクに自由でのびのび
個性を出して楽しんで活けましょう~」 との先生の助言に少し手直しをされた叔母は
少々戸惑い気味だった。。。。。
by kasaburannkatei | 2010-09-25 09:21 | いけばな | Trackback | Comments(0)

ブルーエルフィン

青い蝶のような小さな花が房状に咲くブルーエルフィン (エルフィンは小さな妖精の意)



b0182884_1254913.jpg


非耐寒性の常緑つる性低木で高さは1~3mくらいになります
葉は対生し、楕円形から狭倒卵形で粗鋸歯縁です
集散花序は円錐状に集まり、花冠は2cm前後で、
両側の4裂片は倒卵形で淡青紫色で、中央裂片は内曲し袋状になり濃紫色となります

科属名 : クマツヅラ科 クレロデンドルム属 

原産地 : 西アフリカ(ウガンダ~旧ローデシア)

別名 : ベンケイクサギ(弁慶臭木) 

英名 : Butterfly flower Blue elephant 

花言葉 : 大きな希望

クレロデンドロムとは、ギリシャ語のcleros(運命)と dendron(樹木)が語源、
クマツヅラ科クサギ属のものには、美しいお花が多いそうです

b0182884_126194.jpg


b0182884_126924.jpg


b0182884_1261820.jpg


b0182884_126272.jpg


b0182884_1263938.jpg


b0182884_126482.jpg


b0182884_1265538.jpg


b0182884_12739.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-24 08:49 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)
9月2日撮影 夕方になると猛暑ですっかり元気をなくすブルーエルフィン
b0182884_165110.jpg


9月4日撮影
b0182884_172065.jpg


b0182884_172979.jpg


b0182884_17423.jpg


9月7日撮影
b0182884_191320.jpg


台風9号接近で折れてしまったブルーエルフィン
オリヅルランと一緒に投げ込みで活けたものの、なかなか水が上がらず下を向いたままだった

b0182884_192471.jpg


9月13日撮影
b0182884_1131629.jpg


9月17日撮影
b0182884_114426.jpg


b0182884_114234.jpg


b0182884_1143128.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-24 08:47 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
大小2つの大型プランター鉢で育てているブルーエルフィン
今年はとっても調子が悪かった~007.gif007.gif007.gif

5月26日撮影 新芽が顔を出し始める
b0182884_028212.jpg


b0182884_0283536.jpg


b0182884_0284635.jpg


b0182884_0285547.jpg


8月16日撮影 蕾が付き始める
b0182884_0293943.jpg


8月25日撮影 最初のお花が開花
b0182884_0314523.jpg


b0182884_0315571.jpg


b0182884_0321018.jpg


この時期から クロウリハムシ の被害が始まり、蕾もお花も齧られる

午後には2つ目のお花が開花
b0182884_0322026.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-24 08:46 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
そろそろプランターもひっくり返して植え替えをしなくてはと思っていた矢先

ゼフィランサス・カリナタがまたお花を咲かせ始めた

9月10日撮影

b0182884_2254315.jpg


コンクリートと砂利の継ぎ目からはゼフィランサス・エージャックスが開花しようとしている

b0182884_2256524.jpg


夕方にはお日さまが沈む方をむいて開花

b0182884_2257216.jpg


b0182884_2258418.jpg


b0182884_22581399.jpg


b0182884_22582047.jpg


b0182884_22582898.jpg


b0182884_22583920.jpg


b0182884_22584863.jpg


b0182884_22585696.jpg


b0182884_2259497.jpg


こぼれ種からか以前より増えているような気がする。。。。。。

その中にマツバボタンも咲いていた

b0182884_23257.jpg


b0182884_2321422.jpg

by kasaburannkatei | 2010-09-23 00:01 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei