の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 04月 ( 49 )   > この月の画像一覧

ミニガーベラ
b0182884_2392092.jpg


b0182884_2393020.jpg


b0182884_2394155.jpg


b0182884_2395025.jpg


b0182884_24017.jpg


ジャーマンアイリス
b0182884_2411176.jpg


b0182884_2414381.jpg


b0182884_242527.jpg


b0182884_2421512.jpg


b0182884_2422779.jpg


アグロステンマ
b0182884_243196.jpg


b0182884_2431177.jpg


b0182884_2432024.jpg


ブルビネ・フルテッセンス
b0182884_2451781.jpg


セッコクラン
b0182884_2454278.jpg


クンシラン
b0182884_2461240.jpg


ペチュニア サルサ ピンクモーン
b0182884_247074.jpg


b0182884_2472056.jpg


ペチュニア サルサ パープル
b0182884_2482941.jpg



4月30日撮影
ジャーマンアイリスの球根を送ってくれる従姉が、強健だから砂利の所にも
植えていいというので、試しに植えていたら2年目にして
わずか25cm程(本来は90~100cm)の可愛い草丈で蕾を付けている

b0182884_10201858.jpg


b0182884_10203427.jpg


八重咲きガーデンシクラメン チモ
b0182884_1024750.jpg


b0182884_1024186.jpg


b0182884_10243325.jpg


ガーデンシクラメン
b0182884_1025068.jpg


シンビジューム
b0182884_10252957.jpg


いつもは家の裏で管理している
なかなか上のお宅の方が草刈りをしてくれないので
つわぶきやカラスノエンドウやカヤが自生・・・・・

b0182884_10291989.jpg


今年も槙の枝の上でセッコクランがお花を咲かせてる~♪
b0182884_10335012.jpg


昨日のお天気とは一転、今日は今にも雨が落ちそうなお天気
風も強く花達が大揺れしています
今日は地区神社のお祭り、明日は中学校の運動会
お天気が心配だわ。。。。。
by kasaburannkatei | 2011-04-30 10:42 | ガーデニング | Trackback | Comments(3)
昨日は少し風があったもののお天気も良く、午後から庭作業をしながら
まとめて写真を撮っていきました

4月29日撮影

アリッサム
b0182884_138229.jpg


b0182884_1381071.jpg


b0182884_1382262.jpg


b0182884_1383241.jpg


b0182884_138394.jpg


b0182884_1394856.jpg


b0182884_1395659.jpg


宿根ネメシア
b0182884_1411030.jpg


b0182884_1412064.jpg


キンギョソウ
b0182884_141486.jpg


b0182884_141561.jpg


ブラキカム
b0182884_1424917.jpg


今年はとっても不調のチロリアンデージー 
ロベラ
b0182884_1501752.jpg


ヨーゼフ
b0182884_1512737.jpg


ハイジ
b0182884_1515910.jpg


セダム
b0182884_153862.jpg


ナデシコ
b0182884_1533533.jpg


b0182884_1534810.jpg


勿忘草
b0182884_1541744.jpg


ブルーデージー
b0182884_1553756.jpg


b0182884_155476.jpg


シラーヒスパニカ(ブルー)
b0182884_1564934.jpg


アジュガ
b0182884_15774.jpg


リナリア グッピー
b0182884_1574070.jpg


夕方、地植えのリナリア グッピー
b0182884_9465061.jpg


ダイアンサス(ライオンロック)
b0182884_947452.jpg

by kasaburannkatei | 2011-04-30 10:41 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
実家お隣さんのシモクレンは、我が家のものとはまた違った花色、とっても濃いものでした

b0182884_2155998.jpg


b0182884_2161097.jpg


b0182884_216198.jpg


b0182884_2162880.jpg


b0182884_2163820.jpg


b0182884_2164633.jpg


花くらべ 左(実家お隣さん) 右(自宅)
b0182884_2175545.jpg


シモクレンの品種に花色が濃いカラスモクレンがあるが、それになるのかしら???

b0182884_218659.jpg



頂いてきたシモクレンを頂いた瓶に水揚げを兼ね投げ込み花
b0182884_220237.jpg


あらら・・・!!
頂いてきた瓶からお水が漏れてる~~~
これは補修が必要だわね。。。。。
by kasaburannkatei | 2011-04-29 08:54 | 花図鑑 | Trackback | Comments(2)

シモクレン

年々たくさんのお花をつけるようになったシモクレン

花は上向きに咲き、全開せず半開状(開ききらない状態)に咲き
花色が濃い紅色は花弁の外側でけで、花弁の内側は白または白味がかった極薄紅色

b0182884_15391511.jpg



科属名 : モクレン科 モクレン属 落葉小高木

原産 : 中国

別名 : マグノリア

英名 : Woody orchid
 
花言葉 : 恩恵 自然の愛


3月22日撮影
b0182884_15405813.jpg


b0182884_1541108.jpg


b0182884_15413423.jpg


4月4日撮影
b0182884_1542281.jpg


b0182884_15421831.jpg


4月6日撮影 開花
b0182884_15424892.jpg


b0182884_15425846.jpg


4月8日撮影
b0182884_15432678.jpg


4月12日撮影
b0182884_15435158.jpg


b0182884_15435991.jpg


b0182884_15441579.jpg


b0182884_15442327.jpg


b0182884_15443287.jpg


4月17日撮影
b0182884_16181197.jpg


b0182884_16182253.jpg


4月20日撮影
b0182884_16185990.jpg


b0182884_16191173.jpg


b0182884_16191831.jpg


b0182884_16192785.jpg


b0182884_16193811.jpg


4月25日撮影 最後の蕾
b0182884_162158100.jpg


b0182884_1622938.jpg


b0182884_16223296.jpg


b0182884_16281362.jpg


今年は沢山のお花を咲かせてくれたので、いけばなとしても楽しめました
by kasaburannkatei | 2011-04-29 08:53 | 花図鑑 春 | Trackback | Comments(2)

桐の花

実家への途中に毎年、この時期に薄紫の大きな花房が目に入る場所がある
夕方少し暗くなってましたが、車をとめ遠くに見えるこの花をズームで撮たものの・・・
ピンボケ~~~したこの写真をもとに調べてみると桐のお花だと解かりました

b0182884_04443100.jpg


木を切るとかえって生長が早くなるというところからキリと名付けられた

つぼみは前年から枝の先にできていて、4~5月頃に大きな円錐花序になり、
淡紫色の筒形、花冠は5、6センチで、花の先が唇形に五裂に分かれ芳香がある

桐の木は、高さが8~15メートルにもなり、会津桐、南部桐、地桐などと呼ばれるが、
全て同一種(ニホンギリ)の生育環境の違いによるものです
また、タイワンギリ、アブラギリ等はニホンギリとは別種のものです


科属名 : ゴマノハグサ科 (ノウゼンカヅラ科とする説もある) キリ属

原産 : 中国

英名 : Foxglove tree, Princess tree
 
花言葉 : 高尚

中国では、聖王を表す”鳳凰”は「桐の木にだけ棲(す)み、竹の実だけを食べる」という
伝説があり、桐は”典雅瑞祥(てんがずいしょう)の霊鳥の宿り木とされた
そのため桐は、平安時代の頃から大いにその品位を高め、天皇をはじめ上流社会の
人々の間で紋章、装飾として用いられた
また、1974年まではパスポートには桐紋が入っていたんですって。。。

b0182884_0445462.jpg


b0182884_045237.jpg


b0182884_0451371.jpg


b0182884_0452298.jpg


b0182884_0453084.jpg



桐の話
桐に関してとても興味ある記事がかかれていた桐屋田中さんからリンクさせて頂きました

桐の特性
軽い 桐材の比重は、国産樹種のなかでもっとも小さい。
絶乾比重(含水率ゼロの時の比重)は、0.17から0.37、気乾比重(含水率15%時の比重)は
0.19から0.40です。
ですから桐の箪笥は輸送手段の発達伸していない時代には持ち運びに
大変都合のよいものであったわけです。

●収縮率が少ない 乾燥した桐材はたいへん収縮率が少なく、抽斗等をピッタリ隙間なくつくることができます。このため桐の箪笥の内部は外気を遮断し温度や湿度の変化を受けにくくしています。

●熱伝導率が低い 乾燥してしまうと細胞の内部は乾いた空気に満たされるため、熱が伝わりにくく、その為昔から火鉢等に使用されていました。また、桐箪笥が火災に強いとよく言われますが、その根拠として熱伝導率の低いこと、また熱を受けても割れにくいことが挙げられます。

●恒湿作用が高い 外気を遮断した抽斗の内部には、木材固有の恒湿作用が働き、内部の湿度が一定に保たれます。これは木材が湿度変化に対応し、湿気を吸放出することで湿度の高低を緩和する能力ですが、この恒湿作用は軟らかくて比重の軽い材ほど高いことが証明されています。また、保存科学によれば、ものの保存には湿度が一定に保たれることが必要であると言われています。

●虫がつきにくい 桐の場合、乾燥した桐材には虫がつかないと言われています。桐の抽出成分の中には昆虫を寄せ付けない成分(パウロニン、セサミン等)が多量に見つかっていることがわかっています。更に、狂いが少なく抽斗等を隙間なくつくるため、中に虫が入りにくい。

●腐食に強い 軽くて軟らかい桐材は、腐りやすいと考えられがちですが、実は極めて腐りにくい木材です。それは桐材に多量のタンニン(防腐力が大きい)が含まれるからです。そのため、桐箪笥は長い期間使用可能なのです。

●音響性に優れる 桐材は多孔質で粘性に富むため、大変音響性に優れています。古代より琴等の楽器に用いられています。桐の博物館には桐の楽器が何点か展示してあります。
by kasaburannkatei | 2011-04-28 08:46 | 花図鑑 | Trackback | Comments(2)

実家お隣さん宅のお花達

実家お隣さん宅のお庭

b0182884_223519100.jpg


3月に美しい花姿を見せてくれたアケボノアセビだったが
お花も終わり今回は、美しい新芽の姿を見せてくれました
b0182884_22373591.jpg


b0182884_22374480.jpg


芝桜
b0182884_2238762.jpg


苧環
b0182884_22382567.jpg


b0182884_22383331.jpg


リビングストンデージー
b0182884_22403257.jpg


たくさんの蕾を付けた芍薬と満開のリナリア
b0182884_22412117.jpg


b0182884_22414220.jpg


b0182884_22415549.jpg


アイリス
b0182884_22432956.jpg


咲き分け椿
b0182884_22435458.jpg


b0182884_2244479.jpg


b0182884_22441391.jpg


別の場所では白椿
b0182884_2245178.jpg


カラー
b0182884_22452170.jpg


b0182884_22453327.jpg


数日前にビニールが剥がされたというサツマイモの芋床
これからたくさんの芋づる苗ができることでしょう~♪♫♪
b0182884_22471435.jpg


こちらはシモクレン?でいいのかしら???
b0182884_22494982.jpg


たくさんのお花をつけたオオデマリもあり、上 ↑ のモクレンといけばな用に頂いて来ました
b0182884_22514053.jpg



父の通院の際、ここのお隣さんもご一緒したいということで同乗
病院内の待合室では、季節のお花が活けてあり、そろそろ蕾を付け始めた
ジャーマンアイリスだが、院内ではとても綺麗な花色のジャーマンアイリスが
活けてありましたが、私はお花以上に目がいってしまった壺というか水瓶
するとこのお隣さんが、
「うちにも同じ物があるわよ!!要るならあげるけど・・・」
とおっしゃって下さり、遠慮なく頂いて来ました

b0182884_22583936.jpg


一体なにを入れていたものなんでしょう
病院内の物も取っ手(耳)部分が同じようにかけていたけれど・・・

b0182884_22584920.jpg


今は亡きご主人が大事に玄関先に飾っていたという陶器製の酒樽
今ではホコリを被り玄関隅に追いやられており、邪魔にもなるからと・・・・・
b0182884_2391842.jpg


遠慮なく頂いて帰りました
このご主人には、小さい頃からとても可愛がっていただき、
農業の傍らルルドや和風のお宅のお庭作りをなさっていた
最後の仕事は、我が家を建てた折、父が槙の木と庭石をお祝いのひとつにしてくれ
このご主人がステキに施工して下さった

長いこと探していた水瓶だったが、一週間の間にいろんなお宅から
舞い込む不思議な一週間でした
by kasaburannkatei | 2011-04-28 08:45 | 花・植物 | Trackback | Comments(2)

母の気づかい

先月から実家へ出かけることが多く、母も主人や息子に気を遣ってくれているようで
毎回、帰宅の折にはたくさんの手土産を持たせて帰らそうとする

昨日は、息子が大好きなおはぎを作ろうと
病院へ出かける前に炊飯器のタイマーをセット
今回は、あんこをしっかり作れるようにと手とり足とり・・・(笑) 
母にいちから教えてもらいました

b0182884_12122267.jpg


先日ご復活祭のお祝い日にちらし寿司を作った母
まだ具が残っているからとまぜごはんも作り
帰りにはタケノコの煮物やふきの佃煮など
夕食の支度をしないでいいようにとあれやこれやとタッパに詰めてくれました

b0182884_15105038.jpg


我が家だけでは食べきれにとご近所さん方へもおっそ分け
お返しにと頂いた ”ふきの甘酢漬け”
b0182884_15123789.jpg



。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。

実家から帰宅すると仕事に出ているはずの息子の車が・・・・・
なにかあったはと慌てて家に入ると
職場へ向かう途中、立ち寄ったお店で事故

b0182884_15175331.jpg


b0182884_1518480.jpg

 
さいわい双方にケガはなく、車は傷つき、タイヤ部分の軸が極端に歪んでしまい
車を走らせる事ができなかった為、有給休暇をいただいたみたいでした

駐車場でバックで入れていた息子の車にお年寄りの男性が
ギアの入れ違いかアクセルかブレーキの踏み間違いだったようで
全面相手の方の過失だったそうだが、保険屋さんのお話では
双方、車が動いていた為、こちらも2割程の過失になるという

b0182884_1536939.jpg


鮮やかな台車が届く
よく当てられる息子の車
次回、買い替えの時は、こうした色がいいのかしらね。。。。。

今日はどんよりとしたお天気のなか午後から小雨が降ったり止んだり・・・
事故相手の男性も100%自分が悪い!!とおっしゃりながら
グドグドと保険屋さんにいい訳をしたり反撃なさっている様子
今回の件は、すべて保険屋さんにお任せすることにしました
なんだか憂鬱な一日が過ぎていきます
by kasaburannkatei | 2011-04-27 15:51 | いただきもの | Trackback | Comments(2)

牡丹

暫くようすをみていた実家の父の右足、腰の痛み
また痛みが酷くなりだした為、昨日は病院へと出かけました
突風が吹きなど風が強く、病院の外では足の不自由な方や
お年寄りの方々がよろけたり転んだり・・・・・・

実家に戻ると楽しみにしていた牡丹の花が咲いていた
b0182884_11273293.jpg


b0182884_11274280.jpg


アヤメ 一初
b0182884_112821100.jpg


b0182884_11282966.jpg


マツバギク
b0182884_1129211.jpg


スパラキシス
b0182884_11305734.jpg


赤花は終わりを告げ始め、白花がこれから咲こうとしています

b0182884_11311156.jpg


b0182884_11311854.jpg


b0182884_11312821.jpg


野菜畑では、夏野菜の苗にビニールキャップがかけられ
b0182884_1134099.jpg


玉ねぎ
b0182884_11342845.jpg


b0182884_11343546.jpg


じゃがいも
b0182884_11351032.jpg


野菜畑の隅ではたくさんの野草、ゆっくり腰を据えて見る時間もなく。。。。。

ノヂシャ
b0182884_11393381.jpg


b0182884_11394115.jpg


b0182884_11401452.jpg


b0182884_11411889.jpg


これも野草かしら??? なんて母と言っていたら、
ご近所さんのリナリアの零れ種が飛んで来ていたみたい

b0182884_11412832.jpg


すみれ
b0182884_11504879.jpg

by kasaburannkatei | 2011-04-27 15:51 | 花・植物 | Trackback | Comments(2)

ザルジアンスキア

ザルジアンスキアの花の表は白色、裏が赤紫色を帯び、
夜開性で昼は半開き状態、夜に完全にお花を開きます
昼間は全く香りませんが、日が落ちて夜になると芳香を放ちます
その香りはやや甘い感じでとても私好みの香りでした

ザルジアンスキアの名前は、16世紀の植物学者ザルジアンスキーに由来します


b0182884_0233781.jpg


科属名 : ゴマノハグサ科 ザルジアンスキア(サクラカラクサ)属 常緑多年草(一年草扱い)

原産 : 南アフリカ

別名 : ムーンライトフラグランス 

英名 : ナイトフロックス 
  
花言葉 : 温厚

主な品種
オヴァタ系・・・草丈が20cm程度でこんもり育ちます
‘ムーンライトフレグランス’:一般的に出回っている品種はだいたいこれです
‘スイートフレグランス’:白覆輪の斑入り品種です

カペンシス系・・・30~40cm程度とやや背丈が高くなり、花弁の裏側は濃い紫です
‘ミッドナイトキャンディー’:夜になると白い花を咲かせます

b0182884_0235587.jpg


4月17日撮影
b0182884_273014.jpg


4月18日撮影
b0182884_28289.jpg


英名の別名には、ドラムスティックともいわれ、丸い蕾が一つ一つ長い花柄の先に咲くのに由来

b0182884_281016.jpg


4月21日 13:58 撮影
b0182884_2104271.jpg


20:52 撮影
b0182884_2111448.jpg


b0182884_2112277.jpg


4月22日 9:36 撮影
b0182884_2124716.jpg


b0182884_212568.jpg


4月25日 19:15 撮影
b0182884_2133681.jpg


b0182884_2134526.jpg


b0182884_2135381.jpg


秋から春は日向、初夏から夏は半日陰が適地
高温多湿に弱く、暖地では夏場に枯れやすく夏越しは難しいみたいですが
はたして上手く育てることができるかしら。。。。。
by kasaburannkatei | 2011-04-26 08:58 | 花図鑑 | Trackback | Comments(2)

叔母宅にて~

4月22日撮影

オステオスペルマム
b0182884_10221446.jpg


b0182884_1022224.jpg


アイリス
b0182884_10225943.jpg


b0182884_10231093.jpg


叔母宅では、キャベツを植えてまもなく、ヒヨドリに食べられ諦めていたキャベツ
どこのお宅でもキャベツの収穫が終えた今になって見事なキャベツになったそうで~
b0182884_10253172.jpg


b0182884_10254532.jpg


ご近所さんにもおっそ分けしたら、こんな姿で戻って来ました
b0182884_1152055.jpg



今回、叔母宅訪問の目的は、叔母がとった海の物、山の物を頂きに~♪♫♪
一番のメインは、2種類のウニ
b0182884_1028820.jpg


どうしてもご復活祭のお祝い日に父に食べさせたかったという叔母
我が家ではウニを食べるものはいないのですが、私の分まで用意してくれていた
皆さんにおっそ分けすればいいかと持ち帰り、主人に見せたところ
一口食べた主人
「えっ!ウニってこんなに美味しかったっけ???」 ですって~(笑)
友人やご近所さん方へのおっそ分けも少しずつになってしまいました

b0182884_10281655.jpg


アオサ
b0182884_10322463.jpg


ほかにも車のトランクがいっぱいになるほどのつわやふきを頂いて
実家に戻り、母とせっせと皮むきでした
実家では、今年もまた金柑の甘露煮ができてました
今年は同居の弟嫁さんも挑戦したそうで、美味し~~~い!!

b0182884_10365586.jpg


この日は雨
ゆっくりとお花を撮ることはできませんでしたが、
このお花の名前が解りません???

b0182884_10392883.jpg


b0182884_10393667.jpg


どなたかこの写真で名前が解る方、いらっしゃらないかしら。。。。。


=== 追 記 ===

上(↑) のお花は、原種グラジオラス・トリスティス

弁先の尖ったグリーンの花を咲かせ、花期3~4月、草丈60~80cm
夜に強く香るため「イブニングフラワー」とも呼ばれる
強健で他種より耐寒性がやや強いアヤメ科グラジオラス属の多年草のお花ということが解りました

お花に詳しいブロ友さんより名前を教えて頂きました
****さん、ありがとうございました
by kasaburannkatei | 2011-04-25 11:22 | いただきもの | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei