の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

土ぼこり

新潟、福島では記録的豪雨災害により多くの方が復旧作業に追われている
ところがこちらの方ではもう3週間ほど雨という雨が降っていない

b0182884_215723.jpg


建物の工事が終わったものの追加工事で
側溝のグレーチング工事や建物周辺のコンクリート工事が入った
既存の側溝に合わせてのコンクリート工事の為、手彫りで土をとっていく
地均しの為、急遽、左官さんにお借りした天圧機のスイッチを入れた途端、もの凄い土埃

b0182884_233649.jpg


b0182884_221674.jpg


水を撒いても撒いてもすぐに乾燥してしまう

b0182884_251513.jpg


b0182884_2365954.jpg


「これは一体なに?」
在宅の時は何度も仕事を見に出て来られてはいろいろ尋ねる好奇心旺盛な神父様
左官さんに打ってもらうコンクリート天端部分を示す鉄筋に黄色いテープを付けた
あたりの鉄筋をあちこちに立てている
その鉄筋に気づかずケガをする人がないようにと左官さんが工事に入るまで空き缶を挿している

b0182884_237985.jpg


「なるほど~!!だから缶コーヒーを飲むんだね!!」
「・・・・でもないんだけど・・・・・・」
神父様のそのひと言に大笑いでした

毎日汗だくで働く姿を見ては、3時のおやつも私達が好きなかき氷やゼリーなど
美味しいものを差し入れして下さる神父様
埃まみれになったこの日、
「きれいに汗を流し、さっぱりと美しくなりなさい!!」
なんておっしゃりながら、以前赴任していた教会信者さんから送られてきた石鹸を下さった

b0182884_2581261.jpg


こ~んなきれいなエメラルドのネックレスが欲しいわねぇ~♪♫♪
そんな私のひとりごとに主人は聞こえないふり~
神父様は大笑いでした~

b0182884_2582211.jpg


神父様の食事のお世話をしている友人からも差し入れ~♪
b0182884_2585297.jpg


この日、帰宅した庭から見る海も久しぶりに遠くまでよく見えていた
b0182884_395819.jpg


b0182884_3101140.jpg


b0182884_3103475.jpg


7月18日撮影
b0182884_3174622.jpg


b0182884_3175458.jpg


くたくたで帰宅してもステキな光景を目にすると疲れも半減する
by kasaburannkatei | 2011-07-31 23:50 | 仕事 | Trackback | Comments(4)

慰めの聖母像

教会のお庭の一角に建てられた鐘楼
その側に慰めの聖母像がある

b0182884_21361363.jpg


b0182884_21362520.jpg


b0182884_2136347.jpg


数年前までは7月の月夜間に各家庭から一名ずつ参加しての草刈りでしたが
蜂に刺されたりケガ人が出ることもあり、業者に依頼するようになった
今年は7月半ば、シルバー人材の方々によって草刈り等が行われ
教会敷地内がとてもきれいになりました
b0182884_21364437.jpg


b0182884_21373481.jpg


b0182884_21374697.jpg


鐘楼には、フランスのパッカード社製の2つの鐘
旧教会で使用していた小さい鐘(直径63.5cm 重さ160㎏)は、レの音
新しい教会になった際、大きな鐘(直径75.6cm 重さ330㎏)が加わり、こちらはシの音
6時、12時、18時と心に響く音を奏でてくれる
b0182884_2138823.jpg


ハゼの花
b0182884_21405068.jpg


樫の実
b0182884_21411749.jpg


b0182884_21412660.jpg


b0182884_21413538.jpg


あっという間に7月も終わろうとしている
教会内での仕事をしていると、結婚式よりもお葬式が多い月だった
親しい方とのお別れもあり、また病人訪問の依頼に神父様の所を訪ねる方も多く
その中にはPTAや教会等の役員で一緒に頑張った方のご主人の姿もあった
昼間は仕事、夜は奥さまのベットの側で残り少ないこの世での時間を過ごされている
ご主人とは主人が親しくしており、時々、教会に足を運ばれるこのご主人の姿を見ては
何と言葉かけしていいのか・・・・・・
きっと私達夫婦にもそんな日が必ず訪れる。。。。。。
そう思うとこうして健康に恵まれ、ともに汗を流しながら一緒に働ける幸せを
感じずにはいられない
感謝しながら、慰めの言葉すらかけれないこのご夫妻の為にお祈りすることしか
できない私達夫婦です
by kasaburannkatei | 2011-07-31 23:38 | 教会 | Trackback | Comments(2)
ハーブのオレガノの仲間で臭いは強くありません
ハーブとして利用するものではなく、鑑賞用の花オレガノです
ホップのような花序は苞で、はじめは緑色ですが次第にピンク色に色づき
花は苞から小さなピンク色の花が出てきます
オリガヌム属は20種ほどがあり、オレガノ・ケントビューティーは
オレガノ・スカブルムとオレガノ・ロツンディフォリウムの交配種
標高の高い所の生息しているオレガノ同士の交配種なので、暑さにやや弱い

b0182884_0215011.jpg


科属名 : シソ科 オリガヌム属 耐寒性多年草

学名 : Origanum 'Kent Beauty'

原産地 : ギリシャ

別 名 : 花オレガノ オレガノ ロツンデフォリウム  ケントビューティー

花言葉 : 輝き 実質 誠実

b0182884_022229.jpg


日当たりを好みますが、高温多湿が苦手なので真夏は風通しがよく
午前中の弱い日光が当たるような半日陰で育てる
高温多湿を嫌うので長雨には当てないようにします
冬の耐寒性は-10度ぐらいと強いですが、0度以下の寒さに何度もさらされると
地上部の葉が枯れて宿根して越冬する

挿し木で比較的簡単に増やす事ができ、時期は4月~5月、9月頃にも行なう
方法は10cmぐらいの挿し穂を用意して、下の2節ぐあいの葉をちぎって、そこが用土に埋まる

4月29日撮影
b0182884_0223744.jpg


6月14日撮影
b0182884_02374.jpg


b0182884_0231665.jpg


b0182884_0232496.jpg


7月16日撮影
b0182884_0243084.jpg


b0182884_0243887.jpg


7月29日撮影
b0182884_2292979.jpg


b0182884_2294958.jpg

by kasaburannkatei | 2011-07-30 23:55 | 花図鑑 | Trackback | Comments(2)

ルリマツリ

夏の花の中でも涼しげな花色が魅力のルリマツリ

b0182884_3331047.jpg


長年、植え替えをしていないせいか今年は花付きが少ないですが
一日の仕事を終え疲れて帰宅する私を出迎え、暫し癒しを与えてくれる

b0182884_3332384.jpg


b0182884_3333472.jpg


b0182884_3334746.jpg


b0182884_3335751.jpg


b0182884_334674.jpg


暑い!暑い!!と言いながらしっかり水分補給の現場
いろんな方々が現場にみえては、ありがたいことに冷たいものを差し入れして下さる
ところが先週あたりから胃腸が弱ってきているのか体調不良でダウンする日もあった。。。

みなさまもくれぐれもお体ご自愛下さいませね 
by kasaburannkatei | 2011-07-26 21:37 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

キャットテール

長さ5~6センチの赤い柔らかな花穂をつけるキャットテール
名前の由来は、雄花が密集して穂のようになり
ふっさりとした猫のしっぽのように見えることから

b0182884_0504286.jpg


分類 : トウダイグサ科 アカリファ属 非耐寒性 常緑多年草

学名 : Acalypha reptans

原産地 : インド

別名 : アカリファレブタンス

英名 : cst tail, summer love

花言葉 : 気まま


b0182884_0505225.jpg


b0182884_0505959.jpg


b0182884_0511012.jpg


b0182884_0511987.jpg


高温を好むので、日当たりのよい場所に置き、
春から秋の間は月に2~3回の液体肥料を施す
ただ窒素肥料が多すぎると花付きが悪くなるので注意
水やりは、土の表面が乾くのを待ってからたっぷりと与え
咲き終わった花は早めに摘み取ります

5~8月に挿し木で殖やすことができ、横に伸びますので
伸びたところを伏せておくと、そこから根が出ますので簡単に殖やせます
植え替えは4月頃に行います


植え替えしなくっちゃと思いつつも昨年のプランターのまま・・・・・
殆ど手をかけることもなく水やり程度
それでも元気にたくさんのお花を咲かせる私向きのお花です(笑)
by kasaburannkatei | 2011-07-25 00:03 | 花図鑑 | Trackback | Comments(2)
実家から分けてもらったきて3年になったソサエティ・ガーリック
今年は春先から次から次と花を咲かせてくれ、切り花としてもよく楽しんでます

b0182884_22163755.jpg


花茎がよく伸び、その先にかわいらしい星型の花を数輪咲かせます
花色は赤紫やピンクがポピュラーですが白もあります
ツルバギア・ビオラセア(T.violacea)とフラグランス(T.fragrans)が出回り、
わが家のものはビオラセアです
フレグランスは名前のとおり花からよい香りがするそうです
葉は細長く伸び、白の斑入り種もあり、ニラのようで触るとネギ臭があります
食用にはせず,料理や花糸の飾りに用いたり,ポプリの材料になるそうです


科属名 : ユリ科ツルバキア属

原産地 : 南アフリカ

花言葉 : 可憐な恋、残り香

別名 : ツルバギア・ビオラセア、スイートガーリック、ルリフタモジ(瑠璃二文字)

耐暑性のあるとても丈夫な花で、日当たりと水はけのよい場所なら特に問題なく育ちます
酸性土を嫌うので、植える前は石灰などで中和しておきます
寒さの厳しい時期は霜よけしてあげると安全ですが、わが家では植えっぱなしです
日当たりが悪いと枯れないまでも花つきが極端に悪くなります

b0182884_22454064.jpg


b0182884_224549100.jpg


b0182884_2245572.jpg


b0182884_224661.jpg


b0182884_22461824.jpg


b0182884_22495180.jpg


b0182884_22495960.jpg


b0182884_22505080.jpg


今年は、実家の母が日当たりが悪くなった場所で株だけが増え続け
一斉に処分するというので、以前から欲しがっていたいけばなのお仲間さん達に
もらって頂きました

b0182884_2343394.jpg


一輪挿しに葉と一緒に活けると葉のネギ臭を嫌がる主人
その為、シモツゲなどの違う葉を使って楽しんでます
by kasaburannkatei | 2011-07-24 23:06 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

かえる

夜になるとカエルの合唱でとても賑やか
台風6号あととても涼しくなり心地よい虫の音も響きます~♪♫♪♫♪~

慌ただしい朝、洗濯物を干していると

b0182884_1215249.jpg


b0182884_1221832.jpg


b0182884_1222829.jpg


b0182884_122363.jpg


b0182884_1224784.jpg


b0182884_122559.jpg



18日(月)の夜に帰る予定だった次男
台風6号の影響で高速道路を走るのは危ないということで留まり
翌日も通行止めになっている場所があるということで
20日(水)20時、たくさんのお土産を積み込み愛知へと帰って行きました
翌朝5時過ぎには愛知に着いたようです

入院していた実家の母も20日に無事に退院することができました
5カ月予約待ちだったもう片方の白内障の手術が予定通りできるか今日は検査です

主人と二人になった仕事も追加工事がいくつかでた為、毎日くたくた
互いに肩や腰、足とマッサージ、受けている側はいつの間にかうとうとです(笑)
by kasaburannkatei | 2011-07-22 00:01 | 家族 | Trackback | Comments(4)

幸せな親子の時間

昨年、6年間勤めた会社を辞め、父親と同じ道を歩み始めた次男
愛知ではすべてが分業、なかなか父親と同じような仕事をする機会がなく
今回は勉強を兼ねての手伝い帰省でした
殆どの作業が初めてのことばかり
釘打ちさえままならず見かねた主人がしっかりと要領を教える
下からは女現場監督が
「もっとスナップを効かせなくっちゃ~!!・・・」
な~んてえらそうな言葉がとぶ(笑)
サイディング(外壁材)を張り終える頃にはかなづちの音も
心地よいリズミカルなものになっていた

墨付けや切り込み等しない為、基礎中の基礎である
屋根勾配や対角線等の知識がなく、作業をしながらいろいろと学んでいく

b0182884_3593379.jpg


明かりとりの為に使用したポリカ波トタン
直線ハサミは上手く使えても波トタンハサミは四苦八苦・・・
それも徐々に使いこなせるようになっていく

b0182884_3594228.jpg


長男より次男の方が飲み込みが早い
できれば相性抜群の次男と一緒に仕事をしたかった主人なんだろうけど
今のように不景気だと仕事も少なく教えたいこともなかなか教えられない。。。

年々体力が落ちていく私達夫婦にとって、高い場所での作業は辛いものがあり
今回の次男の帰省手伝いは私達にとっても救いでした
まっ黒に日焼けし、鼻のてっぺんは皮が剥げた次男
主人から学んだことはホンの一部にしかなりませんが
きっと愛知での仕事でもいつか役立つ日があることでしょう


夏場のお弁当には欠かせない実家の母の梅干し
b0182884_3595144.jpg


親友達から頂いた魚で焼き魚
ご近所さん方から頂いたきゅうりで作った漬け物
次男が大好きな明太子と甘~い玉子焼き
b0182884_3595956.jpg



16日(土)、最後の雨樋かけまでしっかり終え外回りはすべて完了
内部も車庫と倉庫の間仕切り壁が半分残った

17日(日)、やっとお休み
最高気温36度の猛暑となったが、午後から次男と一緒に母の見舞い
20日の退院が決まった母は、半年前から予約待ちしていた
片方の目の白内障手術が予定通りできそうだと大喜びでした

また病院から実家へも立ち寄る
ショートステイから一時帰宅していた父
小言を言われても母との生活に早く戻りたいと愚痴をこぼす。。。。。

18日(月) 残っていた内部工事も午前中で完了
現場側には主人の両親が眠る墓地がある為、3人で墓参り
無理をするな!!が口癖だった義父
きっとケガや体調を壊さないようにと温かく見守っていたに違いない
感謝しながらお掃除、最後に百合と薔薇(造花)を飾り、
3人で感謝のお祈りを捧げました

20時過ぎには愛知に帰る予定だった次男
大型で強い台風6号、高速道路の運転が心配なので帰るのを延期
徐々に風は強くなってきましたが、雨はまだ降らず・・・・・
しばらくようすをみて帰る日を決めることになりました
by kasaburannkatei | 2011-07-18 21:56 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

ふぞろいのアジのにぎり

6月30日の早朝、帰省した次男
この日を境に連日、親友や友人知人達からの新鮮魚が
いつも以上にたくさん届きました
なかでもアジは一日数軒から頂くことも。。。。。
お刺身、煮付けにフライ、唐揚げ、塩焼き、みりん干し・・・・・

雨で仕事を休んだ日の昼食

b0182884_27624.jpg


主人と次男で酢飯をにぎり皿にひろげていく
ワサビ、青じそ(大葉)、アジの刺身、すりおろし生姜、
3人それぞれの担当の品を順にのせていき
完成したのがふぞろいのアジのにぎり~~~♪♫♪

たくさんのアジが手に入ったのでエソなどの他のお魚も加え
久しぶりにすり身まで作ることができました
汁物やフライなどにし、美味しく頂きました

b0182884_2244172.jpg


時にはまだ寝ている早朝に玄関にそっと置いて帰る人もあったり~
b0182884_2245177.jpg


b0182884_226122.jpg


b0182884_2261152.jpg


サワラ
b0182884_2263459.jpg


アジ
b0182884_226534.jpg


エソ
b0182884_2271142.jpg


ブッカン(フグ)
b0182884_2273473.jpg


いつもの如くご近所さん方にもおっそ分け
すると夕方には、いろんなおっそ分けがやって来ました(笑)

焼きたての手作りパン
b0182884_2324246.jpg


ゴーヤの白和え
b0182884_2332530.jpg


茹でたてのトウモロコシ
b0182884_2352376.jpg


時にはデザートの果物まで~♪♫♪
b0182884_2372289.jpg


b0182884_23736100.jpg


b0182884_2392310.jpg


b0182884_2393588.jpg


今日で外回りの仕事が全て終わりました
愛知の方の仕事も忙しくなってきたこともあり月曜日には帰ることになった次男
仕事が終わる頃を見計らい夕方、現場にやって来た親友
いつも二人で楽しくお茶しに行くカフェレストランのスパゲティーやハンバーグ
ピザを手に次男へのお疲れさんのご褒美持参

いろんな方々からの差し入れに仕事に励む事ができた次男と主人
すべてのものを吸収し過ぎて益々体重上昇となった私でした~(笑)
by kasaburannkatei | 2011-07-16 23:50 | H.T | Trackback | Comments(2)

ヘメロカリス

ヘメロカリス、名前の由来は、ギリシャ語で『ヘメロ(一日) カロス(美しい)』からきており
その名の通り、一日しか咲かない一日花です
また、同様の意味合いで、別名(英名)で『デイリリィ(1日だけのユリ)』とも呼ばれています

b0182884_1215293.jpg


日本や中国原産のユウスゲやカンゾウがヨーロッパや
アメリカに導入され品種改良された園芸種
野生種は約10種類が日本を含む東アジアの暖帯-温帯に分布し、
園芸品種は2万種以上あると言われます

20数年いまだに絶えることもなく今年もそろそろ咲き終わろうとしています

b0182884_1252823.jpg


7月1日撮影
b0182884_126457.jpg


b0182884_1265466.jpg


b0182884_127247.jpg


b0182884_1271272.jpg


7月3日撮影 最初は黄花が咲き、少し遅れて赤花が咲き始める
b0182884_1284116.jpg


7月10日撮影
b0182884_129859.jpg


b0182884_129171.jpg


b0182884_1292662.jpg


b0182884_1293468.jpg


b0182884_129463.jpg


b0182884_1295521.jpg


黄花は残り数輪となりました
b0182884_13049.jpg


この二日、夕方から夜にかけ雷雨
おかげで夕方の水やりはせずとも大丈夫(笑)
お花も雑草も伸び放題、まるでジャングル状態・・・・・・
仕事だけで体力消耗、なかなか庭作業までの気力も残っていない毎日です

今朝は蒸し暑さに目が覚める
台風6号が発生、これからの進路が気になります
by kasaburannkatei | 2011-07-13 08:38 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei