の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2004年、サカタのタネが開発し販売を始めた
ニーハイ(ひざ丈)タイプのカンパニュラ ”涼姫(すずひめ)”

b0182884_2349388.jpg


草丈60~100cm、地際や側枝からの分枝多く株張り約50cm
その小枝に5~6月に花径約2cmの淡いブルーの小花がいっぱいに咲き誇ります
切り花にしても小さな蕾まで開花し、観賞期間の長い一代交配種です
 サカタのタネ カンパニュラ 涼姫 参照 

茎は直立、葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生) 
耐寒性は強いのですが、梅雨から夏の高温多湿で、花後に枯れてしまうことが多く、
一般的には一年草として扱われます
鉢植えは水はけのよい土で植えて、長雨にはあてないようにします
うまく夏越した株は、秋に新しい培養土で植え替えをすると来年も開花します
涼しい気候を好み高温多湿を苦手とするので、夏場はできるだけ涼しくするのがポイント

b0182884_23491378.jpg


野生種にしかなかった極小輪カンパニュラを世界で初めて園芸品種としてF1化に成功
新品種『涼姫』を開発
花芽分化に低温を必要としない画期的な品種で、栽培期間を3分の1に短縮

サカタのタネでは、花形が極小輪の「カンパニュラ・ラプンクルス(Campanula rapunculus)」で、
世界初のF1品種の開発に成功し、このたび、新品種『涼姫(すずひめ)』として販売することになりました。
これまで、カンパニュラ・ラプンクルスは、花芽分化に低温を必要とする二年草※1として野生種のみが
存在していましたが、『涼姫』は、花芽分化に低温を必要としない一年草※の性質を示す園芸品種に
仕上げられています。
そのため、タネまきから開花まで約1年かかっていた栽培期間を、3分の1の120日程度で
済むようにした画期的な品種です。
品種名は、涼しげな淡い藤色と、可憐で清楚な花形から命名したものです。
種子の販売は、年間1,000袋限定で、2004年6月3日より開始します。

※:一年草・二年草:一生を1年以内に終わらせる植物を一年草といい、
一生を2年以内に終わらせる植物を二年草という。
  サカタのタネ ニュースリリース より

b0182884_23492463.jpg



科属名 : キキョウ科 カンパヌラ属

学名 : Campanula rapunculus 'Suzuhime'

原産地 : ヨーロッパ アジア北部 アフリカ北部

和名 : ツリガネソウ(釣鐘草) フウリンソウ(風鈴草)

英名 :  Rampion

花言葉 : 感謝 

More
by kasaburannkatei | 2012-07-10 07:05 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

庭梅の実

花後に球形で直径1cmほどの果実ができて6月~7月頃に赤く熟します
赤く熟した果実は新緑の葉とのコントラストも非常に良く鑑賞価値が高い
また、この果実は生食でき、果実酒にもできるそうです

b0182884_34112.jpg


b0182884_334868.jpg


b0182884_343290.jpg


秋に果実が成熟したら採取して、水に浸して果肉を除き、
殻をとり天日で乾燥して、中の種子を採り、
さらに天日で乾燥したものを、生薬名で郁李仁(いくりにん)と呼ぶ
郁李仁(いくりにん)は、利尿、便秘に、1日量4~12グラム、水0.3リットルを
3分の1量まで煎じて空腹時に1日2回服用する

また、根、根の皮は必要時に採取して、水洗いして日干しにして
乾燥させたものを、郁李根(いくりこん)と呼ぶ
歯ぐきの腫れや歯痛には、郁李根(いくりこん)や根皮を、
8~12グラム細かく刻み、水0.3~0.4リットルで半量まで煎じて、
冷めてから、うがいをする
     イー薬草・ドット・コム ニワウメ より

More
by kasaburannkatei | 2012-07-09 08:44 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

庭梅

ファイル整理の更新

葉が出る前(または同時)に、細い枝に梅に似た小さな一重の五弁花を多数咲かせる
バラ目バラ科サクラ属の耐寒性低木です
6~7月に、球形の赤く熟した1cmほどに実を付け、生食や果実酒などにできる
核は薬用として使われます
原産地は、中国ですが万葉集に出てくるほど古く
万葉集では「唐様花(はねず)」と呼ばれています


b0182884_16179.jpg


b0182884_163775.jpg


b0182884_164626.jpg


活花や盆栽では、リンショウバイ(林鐘梅または林生梅)とも呼ばれる(林鐘は6月のこと)
その他にもコウメ、チャイナチェリー、チャイナベリーの別名もあります

More
by kasaburannkatei | 2012-07-09 08:35 | 花図鑑 春 | Trackback

庭桜

ファイル整理の更新


春に葉が出る前または同時に
細い枝に白またはうす桃色の八重桜に似た小花を多数咲かせる

b0182884_2225451.jpg


b0182884_223783.jpg


b0182884_2232654.jpg


More
by kasaburannkatei | 2012-07-08 18:05 | ガーデニング | Trackback

庭のお花 7・5

7月5日撮影

パンダスミレ
b0182884_0291982.jpg


ブラキカム マジェンタピンク
b0182884_0293898.jpg


b0182884_0301194.jpg


More
by kasaburannkatei | 2012-07-07 11:03 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

ギボウシ (3)

7月3日撮影

斑入り葉のギボウシ

b0182884_151612.jpg


b0182884_1511917.jpg


支柱を添えていなかったので、丁寧なお辞儀姿が
より一層深々なものになってしまいました(笑)

中国ではギボウシにまつわる「玉簪花」(玉のかんざし)という伝説があり
そこでは天女の持つ簪(かんざし)が落ちた場所からギボウシの花が
咲いたとされているそうです

More
by kasaburannkatei | 2012-07-06 14:19 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

ブルースター

なかなか綺麗なお花を咲かせることができないブルースター

b0182884_22181429.jpg


花に水や雨が掛かると細かい斑点や白い色抜けがしやすいとのこと
b0182884_22184666.jpg


ブルースターは、水色の5枚の花びらが輝く星のように
見えるということからこう呼ばれています
花言葉は「信じあう心」「幸福な愛」
白やピンクの品種もあり、それぞれ通称ホワイトスター、ピンクスターと呼ばれます

サムシングブルーの伝説
花嫁がなにか青色のものを結婚式当日に見に着けていくと
幸せが訪れるという言い伝え「サムシング・ブルー」の伝説
200年以上も前よりヨーロッパで語り継がれています
もともと青色は古代、女性の慎ましやかさや誠実な心を象徴し
聖母マリアのシンボルカラーとして知られています

ブルーは、海外では’ベビーブルー’といって男の子の誕生を祝う
ラッキーカラーとしているところもあるそうです

More
by kasaburannkatei | 2012-07-05 22:44 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)
宿根ネメシア ”アレンジ” は、サカタのタネが開発した
タネから育てるわい性の宿根タイプのネメシアです
今まで栄養系(挿芽増殖)のネメシアは草丈が高くなり
まとまりがつきにくいのですが、このアレンジシリーズは
コンパクトにまとまり切り戻し等の手間が少なくて楽チン

花色はピンク、薄紫、ホワイトの3色
パステルカラーのやわらかな色合いで、花径約1cmの小花を
たくさん咲かせ、ほんのりと甘い香りが漂います

7月2日撮影
b0182884_1223544.jpg


b0182884_127171.jpg


b0182884_1272094.jpg


More
by kasaburannkatei | 2012-07-04 06:00 | 花図鑑 春 | Trackback | Comments(4)
7月3日撮影

b0182884_15543498.jpg


b0182884_15543758.jpg


b0182884_15545683.jpg


b0182884_1555314.jpg


周りはネギ臭が漂ってます(笑)
ネギの臭いがしますが,ネギ属ではなく、ユリ科ツルバキア属 のお花です
直接食用にはせず、料理や菓子の飾りに使用したりポプリにするお花だそうです

More
by kasaburannkatei | 2012-07-03 16:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

いりこ

年々カタクチイワシの漁獲高が低迷している漁師さん達
今年は一カ月以上遅いいりこ加工がはじまったようです
久しぶりに電話が入り、たくさんのいりこを頂きました

選別済みのもの  左・・・キビナ  右・・・カタクチイワシ
b0182884_11482991.jpg


乾燥を終えたばかりの選別前のもの
b0182884_1148393.jpg


これから魚の種類や傷ものなどひとつひとつを選別していきます

More
by kasaburannkatei | 2012-07-03 16:36 | いただきもの | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei