の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

サボテンの花

今年は置き場所を変えられたサボテン
これまで亡き義母が育てていたサボテンには、あまりお花が
咲くことがありませんでしたが、今年は沢山のかわいいお花が咲いてくれました♪

b0182884_2325375.jpg


More
by kasaburannkatei | 2013-05-31 00:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

ガーベラ

宿根ガーベラ ガルビネア・オレンジーナ (タキイ種苗株式会社)

b0182884_2393511.jpg


More
by kasaburannkatei | 2013-05-30 00:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
鉢植えのゼラニウムが日毎にお花を咲かせ始めました

b0182884_21392398.jpg


b0182884_2140389.jpg


花壇に挿し木していたものもあっという間に大きくなってしまいました
今度の日曜日、地区大掃除後、ご近所さんへお嫁入りさせる予定です

More
by kasaburannkatei | 2013-05-29 21:54 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
シモツケ
b0182884_22393691.jpg


テッポウユリの蕾も膨らみ始める
b0182884_22475690.jpg


背後には、ピンクの紫陽花が染まり始める
b0182884_22485734.jpg


More
by kasaburannkatei | 2013-05-28 00:00 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

庭のお花 5.26

春のお花もそろそろ終わりを迎えました

5月26日撮影
b0182884_16453917.jpg


伸び放題になったマーガレットやビオラ、ノースポールの中で
窮屈そうにしていた夏のお花さんたち・・・

More
by kasaburannkatei | 2013-05-27 17:12 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

ダイナミック

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by kasaburannkatei | 2013-05-26 23:30 | 教会
わい性ナデシコ  オリビア・ホワイトアイは、極わい性の四季咲きナデシコ
草丈約10cm、耐寒、耐暑性があり、分枝性に優れる

b0182884_0351698.jpg


b0182884_0355719.jpg


b0182884_035376.jpg


b0182884_0361734.jpg


北興化学工業株式会社が、ナデシコ育種家と共同し、わい性ナデシコを開発し
「オリビアシリーズ」として多彩な花色と花模様を取り揃えた

北興化学工業株式会社 「オリビアシリーズ」 

More
by kasaburannkatei | 2013-05-26 06:00 | 花図鑑 春 | Trackback | Comments(2)

ロベリア

蝶が飛んでいるような形の花を株いっぱいに咲かせるロベリア

b0182884_2252029.jpg


ロベリア属の仲間は熱帯~温帯に約400種が分布する草花です。
広い意味ではそのすべてがロベリアなのですが、園芸では南アフリカ原産の
ロベリア・エリヌス〔L. erinus〕とその園芸品種を指して「ロベリア」と呼ぶのが一般的です。
主に、秋にタネをまいて翌春に花を楽しむ「秋まき一年草」として扱います。
春花壇や寄せ植え、鉢花、ハンギングバスケットなどに欠かせない
定番的な春から初夏の草花です。

茎は立ち上がるものと這うものの2タイプがあり、細かく枝分かれしてこんもりと茂ります。
草丈はわい性種(草丈の低い品種)で10cm、高性種でも25cm程度に収まります。

花の大きさは1.5cm前後で色は濃い青、紺、紫、白などがあり、
中心部分に小さな白い目が入るもの、2色咲きのものもよく見られます。
満開時期は株を覆うように多数の花を咲かせます。
ヤサシイエンゲイ より

b0182884_2252295.jpg


花期は5月から7月中旬までで、高さ5~25㎝、花径は約2㎝、
色も紫色のほか白やピンク、青、赤紫などがあり、
特に青系の品種の美しさには定評があります。

b0182884_22522426.jpg


葉は長楕円から線形で、花の上唇弁は小さく2枚に分かれ、
下唇弁は大きく3枚に分かれています。

b0182884_22525465.jpg


名前の「ロベリア(Lobelia)」は、ベルギーの植物学者
『M.de L'Obel「Matthias de Lobel(マティアス・ド・ローベル)」』の名前に由来します。
また蝶々のような形や色から、和名を「ルリチョウチョウ(瑠璃蝶蝶、瑠璃蝶々)、
またはルリチョウソウ(瑠璃蝶草)」。
別名は溝を覆うくらい茂ることから「ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠)」といいます。

b0182884_22524657.jpg


科属名 : キキョウ科 ロベリア(ミゾカクシ)属 一年草・多年草

学名 : Lobelia erinus

英名 : edging lobelia(エッジング ロベリア)

原産地 : 南アフリカ 

別名 : ルリチョウチョウ ルリミゾカクシ ルリチョウソウ

花言葉 : いつも愛らしい 譲る心 謙遜 人目につく 悪意

More
by kasaburannkatei | 2013-05-26 00:00 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)
日向から半日陰まで楽しめる、可憐な昼咲き月見草!
昼咲き性の月見草です。少しうつむきかげんに蕾をつけますが、
開花すると上を向き、爽やかな黄色の花が春から秋まで次々と咲き誇ります。
ハンギング、寄せ植え、プランターなど、様々な用途に適しています。
群舞して咲く様子は庭を、とても明るくしてくれます。
日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも楽しめる丈夫な品種です。
(株)ハクサン エノテラ ‘レモンドロップ’ より

b0182884_0183254.jpg


昨年6月にモミジやサンシュユの苗木を購入した
造園店の方からサービス品として頂いたエノテラ ”レモンドロップ”
今年は、家裏に置きっぱなしで日当たりが良くなかったのか
肥料切れだったのかとても貧租な姿となってしまいました

昨年の記事 仲間入り~♪

b0182884_0202022.jpg


エノテラの名前は、ギリシア語のoinos(ワイン)とthera(飲む)からきているとか
onos(ロバ)とther(野獣)に由来するなど諸説があり、由来も理由もはっきりしません
一説にはエノテラのある種の根にワインのような香りがあり、
獣が好んで食べるともいわれますが、実際は不明

b0182884_0203656.jpg


b0182884_0204099.jpg


科属名 : アカバナ科 マツヨイグサ属  多年草

学名 : Oenothera hybrids

原産地 : 北アメリカ 

別名 : 

花言葉 : 新しい恋人

More
by kasaburannkatei | 2013-05-25 06:00 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

芍薬

今年は、とても調子が悪かった芍薬

b0182884_23343499.jpg


b0182884_23344411.jpg


5つのプランター鉢の内、開花したのはポールオブビューティの2鉢だけ
しかもお花の数がとっても少なく、寂しい年となりました

More
by kasaburannkatei | 2013-05-24 00:10 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei