の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

庭のお花 8.29

今年の夏は仕事に追われ、休日ともなると体力、気力も残っておらず
殆ど庭の手入れをすることなく過ぎてしまいました

8月29日撮影
b0182884_23101867.jpg


More
by kasaburannkatei | 2015-08-31 23:43 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

メロン

昔から贈答品として多く利用され、高価で特別なイメージがあるメロン
現在は品種改良により種類も増え、手ごろな価格のものもありますが
なかなか自分で購入して食べることもない

今年の夏は、どうしたことかお中元、お礼やお見舞いと
沢山のメロンが届き、各産地の美味しいメロンを食すことができました

b0182884_2234536.jpg


メロンの主成分である糖質は果糖・ブドウ糖・ショ糖などで、吸収が早く、
疲労を回復させたり、心身を健やかに保つ効果がある

参照 メロン

More
by kasaburannkatei | 2015-08-27 22:38 | | Trackback | Comments(4)
ゼラニウム カリオペは、現在流通しているアイビー系とゾナル系と言われる
2種類の園芸種ゼラニウムを交配して作出され、両方の長所を兼ね備えた
もっとも新しいタイプのハイブリッドゼラニウムです

b0182884_1813275.jpg


特に耐暑性に優れており、高温多湿の日本の夏でも休むことなく花を咲かせ続けます
また、その花の大きさと連続開花性は、「ゼラニウムの王様」を思わせる存在感で
ハンギングバスケットや大きなコンテ植えに最適です

b0182884_18173616.jpg


種間交雑という技術は大変困難を伴うもので、より大きく鮮やかな花など
情緒的な部分と、耐暑性に優れるなど機能的な部分を両立させなければなりません
カリオペシリーズは、シンジェンタの育種家と科学者の勇気ある挑戦の結果です

b0182884_18171215.jpg


草丈は30~40cm 開花期は5~11月

b0182884_18172293.jpg


b0182884_18174613.jpg



参照 カリオペ

More
by kasaburannkatei | 2015-08-25 19:05 | ゼラニウム 赤系 | Trackback | Comments(4)

昨日の日中は、雲も殆どなく青空
肌を刺すような日差しの強い暑い一日でした

夕方、沢山の巻雲が姿を現す

b0182884_1615815.jpg


b0182884_1621439.jpg


中央にポツンと見える半月
b0182884_1684462.jpg


More
by kasaburannkatei | 2015-08-24 16:17 | | Trackback | Comments(2)

シンテッポウユリ

槇の木の周辺では、花筒の外側に赤紫色の筋模様が入るタカサゴユリが咲き終わり
次は、花筒の外側に赤紫色の筋模様が入らないシンテッポウユリが開花

b0182884_23164018.jpg


上のお宅では、4種のムクゲが長い期間お花を咲かせていますが
なかでも私のお気に入りは、白花一重のムクゲ
b0182884_23221915.jpg


More
by kasaburannkatei | 2015-08-23 23:25 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
プレクトランサスは、アジア・アフリカ・オーストラリアの
熱帯・亜熱帯を中心に200種以上が分布し、毎年育つ多年草です

茎が上に伸びる「立ち性」とつる状の茎が長く伸びて這う、
もしくはやや立ち上がり斜上する「這い性・半立ち性」の2タイプに分かれます

花は先端の開いた筒状で小さく、ひとつの花茎に数輪~数十輪つく
葉は丸や卵形でフチにゆるいギザギザが入るものが多く、斑が入る品種も多くあります
茎の断面はたいがい四角形です

名前はギリシア語のプレクトロン(雄鳥のけづめ)と
アンサス(花)の2語からなり、花のかたちに由来している

b0182884_2251399.jpg


プレクトランサス ブルースパイヤー は、薄紫の小花とクリームイエローの斑が入った
肉厚の葉が美しい プレクトランサスの最近人気品種だそうです
シソ科なので葉には清涼感ある香りがある(個体差あり)

オーストラリア原産の原種から派生した新種であり、オーストラリア、
クイーンズランド州の植物愛好家が栽培したという

b0182884_2252498.jpg


開花期は春から秋(5~11月)と長く、草丈30~40cm程度まで成長
高い木の下地のグランドカバーとして日当たりが良いところから半日陰で育つ
真夏はちょっと花数が減りますが暑さに強く 暑い時期も爽やかな草姿を楽しめる
(長時間の直射日光は葉やけを起こすので避ける)

寒さには弱いので冬場は室内で楽しむ
暖かい地域では、霜が当たらない軒下などでもいいみたいです

b0182884_22521814.jpg


科属名 : シソ科 プレクトランサス(プレクトランツス)属 非耐寒性多年草

学名 : Plectranthus parviflorus ‘Blue Spaire’ 

原産地 : オーストラリア・南太平洋諸島

別名 : 英名はlittle spurflower 和名はベニオウギ

花言葉 :

More
by kasaburannkatei | 2015-08-22 23:45 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)
淡いピンクの花弁がやさしい印象のゼラニウム ミルフィーユローズ
まるでバラのような蕾と重ね咲きの豪華な八重咲きゼラニウムです

b0182884_1813347.jpg


b0182884_18135435.jpg


b0182884_18141050.jpg


b0182884_18143169.jpg


b0182884_18144635.jpg


b0182884_1815045.jpg



タイプ:半耐寒性宿根草  花期:5〜6月、9〜11月

草丈:50〜60cm  日照:日なた 

栽培方法:風通しの良い明るい場所に植えつける

あまり肥料は必要としませんが、緩効性肥料を2〜3ヶ月に1回施す

次々に花をつけますので、花後の花柄はこまめに摘み取る

冬の寒さには少し弱いので関東以南では軒下などに置き、冷涼地以北では
室内の明るい場所で管理する
夏の間に大きく育ちますので、丈が高くなりすぎたら切り戻す
切り戻しは生育期間中ならいつでも構わない

More
by kasaburannkatei | 2015-08-20 18:54 | ゼラニウム ピンク系 | Trackback | Comments(4)
オキシペタルム(オキシペタラム、オクシペタルム)は、ブラジルからウルグアイに原産し
基部が木質化する半耐寒性半つる性の多年草です
光沢のある澄んだブルーの5弁花は美しい
葉の長さは9cmの長楕円形で、株全体に短い白毛があり優しい手触りがある

ただ、茎の切り口から出る乳液は有毒で肌がかぶれるので注意が必要です
いけばなやアレンジをする際は、茎を切り、導管をふさがないようによく水で洗い流し
尚且つ縦に切り込みを入れてから挿すと長持ちするそうです

b0182884_217641.jpg


ブルースターは、基本種はブルーですが、ホワイトスターや
ピンクスターと呼ばれる白やピンク色の仲間もあります
花びら(花弁)が細長いのが特徴ですが、ほかに花弁が丸くキュートな形状をした
「ピュアブルー」と呼ばれるものや、さらにピュアブルーよりも花弁の大きいものなど
この花径3センチ程の小さな花びらにも少しずつ違いがあって、意外にも
奥が深い世界であることに驚かされる
そうした品種を総称して「オキシペタルム」、または「オキシペタラム」と呼ばれています

b0182884_2171552.jpg


属名の「オキシペタルム(Oxypetalum)」は、ギリシア語の「oxys(鋭い)」と
「petalon(花弁)」からなり、この花の形状からとされます
現在はトゥイーディア属に移行していますが、別名として以前の属名から
「オキシペタルム(またはオキシペタラム)」とも呼ばれます
和名は瑠璃色の花と花形が薬用植物のトウワタに似ることから「ルリトウワタ(瑠璃唐綿)」
英名は「Southern star(サザン スター)」です

b0182884_2172563.jpg


日本で見られるのは「カエルレウム種」で、夏になると花径3㎝ほどの星形の花を咲かせます
花は咲いてからだんだんと色が濃くなり、鮮やかな青になるため、花屋さんでは
「ブルースター」と呼んでいます
またアメリカやヨーロッパでは、男子の誕生を祝うときこのオキシペタルムの
ブルーの花色がラッキーカラーだとされ、赤ちゃんに贈られます

b0182884_2173226.jpg


オキシペタルムは切り花として人気があり、つるが40~50㎝にもなるので
あんどん仕立てにした鉢植えや、ハンギングバスケットにも最適です
また花の中でも青い色はとても珍しく貴重な存在なので、アレンジに多用されたり、
ウエディングで、花嫁の幸せのおまじない「サムシング・ブルー」としても使われています

b0182884_1832626.jpg


サムシングブルーの伝説
花嫁がなにか青色のものを結婚式当日に身に着けていくと
幸せが訪れるという言い伝え「サムシング・ブルー」の伝説
200年以上も前よりヨーロッパで語り継がれています
もともと青色は古代、女性の慎ましやかさや誠実な心を象徴し
聖母マリアのシンボルカラーとして知られています

結婚式のサムシング・フォー
西洋では、花嫁が結婚式で以下の4つのものを身につけると
生涯幸福な結婚生活が送られるという言い伝えがあります

1、サムシング・オールド(なにか古いもの)
祖先からの経済的安定・豊かさを引き継ぐ
例えば、祖母や母親から指輪やネックレスなどが贈られる

2、サムシング・ニュー(なにか新しいもの)
新しい人生の第一歩、未来へ踏み出す

3、サムシング・ボロウ(なにか借りたもの)
幸せな結婚生活を送っている人の幸せにあやかる

4、サムシング・ブルー(なにか青いもの)
青は誠実をあらわし、純潔の象徴
例えば幸せな結婚生活を送っている友人からその方が使用したベールや手袋などを借りる

b0182884_17564163.jpg


科属名 : ガガイモ科 トゥイーディア属 半耐寒性半つる性多年草

学名 : Tweedia caerulea(=Oxypetalum caeruleum)

原産地 : ブラジルからウルグアイ

別 名 : ルリトウワタ オクシペタルム サザン スター

花言葉 : 幸福な愛 信じあう心 早すぎた恋 身を切る想い

More
by kasaburannkatei | 2015-08-16 18:14 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

同窓会

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2015-08-15 22:30 | 田舎

飛び込み

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2015-08-13 22:21 |

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei