の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

マユハケオモト

マユハケオモトは、明治初期に渡来した球根植物
比較的、寒さに強く、丈夫で育てやすくよく分球する

9月下旬から11月上旬ごろ、長さ10〜20cmの太い花茎を伸ばし
その先端に花が集まり、径7cmほどの白い刷毛のように咲く
開花期間が長く、ほぼ1か月間は楽しめるそうです

開花後には青い実をつけ、冬には赤く熟して種ができる


b0182884_21354502.jpg

眉刷毛とは、白粉(おしろい)を塗った後に眉毛などについた白粉を払うためのハケのこと


b0182884_21362067.jpg


根際から生える葉は長めの楕円形、長さは15~20cmくらいになる
茎はなく、左右対称に葉が出て、葉の質は肉質で分厚い


b0182884_21361180.jpg


b0182884_21363604.jpg

丈夫な植物で、あまり手間をかけずに栽培できる
置き場所は、年間を通じて雨の当たらない半日陰
夏は直射日光が当たらない明るい日陰で育てる

大事なことは、過湿にしないことで、特に休眠期は水やりを控える

参照  

b0182884_21364535.jpg




科属名 : ヒガンバナ科 ハエマンサス属 常緑宿根草

学名 : Haemanthus albiflos

原産地 : 南アフリカ

別 名 : ハエマンサス・アルビフローラ

花言葉 : 純粋 富裕 清純な心 個性的







More
by kasaburannkatei | 2016-10-31 22:34 | 花図鑑 秋 | Trackback | Comments(2)

クマバチ

クマバチは、大型で羽音も大きい為、少し怖い感じはあるけれど
温厚な性格で攻撃性はないという
メスは刺針をもっているが、つかんだり巣を脅かすことがなければ
刺すことはなく、また毒性もないそうです


ボックセージとクマバチ


b0182884_23165421.jpg







More
by kasaburannkatei | 2016-10-29 23:33 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
気温が下がり、ランタナの花色も濃くなってきました


b0182884_23375373.jpg








More
by kasaburannkatei | 2016-10-26 23:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

カラスウリ

仕事先で大きな紫陽花に絡みつき、ぶら下がっていたカラスウリの実


b0182884_20534778.jpg


カラスウリの名前の由来は、カラスが好んで食べるからだとして
「鳥瓜(からすうり)」と書きますが、カラスの好物ではないようです
秋に果実が朱色で木の上に長く残る様から、カラスが食べ残したのだろうと
カラスウリの名前がついたといわれています

中国から伝わった朱墨の原料である辰砂(しんしゃ)は、鶏卵ぐらいの大きさのものもあり
その色は緋色(ひいろ)で鮮やかです
これから唐朱瓜(からしゅうり)と呼ばれるようになったとされる説が正しいようです

古くは、カラスウリの根のデンプン質をテンカフ(天花粉)の代用として用いました







More
by kasaburannkatei | 2016-10-26 21:12 | 花図鑑 秋 | Trackback | Comments(2)

花時計

来月、古希のお祝いを迎える知人への贈り物アレンジ
古希のお祝いの色は紫色、知人の大好きな色も紫
派手なお色を好まれないお方なので、少し地味目に


参照・・・豆知識 古希




b0182884_22335509.jpg


b0182884_22340629.jpg


プリザーブドフラワーローズ アメジストブルー ソフトアナベルアジサイ
パール、ラズベリー、クリスタルフラワー、ベリー


サイズ(外寸):直径約24cm×奥行き8cm


b0182884_22341304.jpg


使用したプリザーブドフラワーローズのアメジストブルーですが
本来の花色がなかなか出せず、ショップさん掲載の写真(上の写真)もイマイチ違います
とてもきれいな濃紫色のバラなのですが。。。。。


 







More
by kasaburannkatei | 2016-10-24 22:49 | フラワーアレンジ | Trackback | Comments(6)

先週から今週木曜日までは、海そばでの仕事でした

b0182884_23271112.jpg









More
by kasaburannkatei | 2016-10-21 23:49 | | Trackback | Comments(2)
ムラサキシキブは日本、中国、台湾、朝鮮半島に分布する落葉性の低木で
樹高は2m~3mになります
秋に光沢のある紫色の小さな果実を葉の付け根あたりにまとめてつける
紫の実の色鮮やかな美しさを平安の美女、紫式部にたとえられている花木です

ムラサキシキブとコムラサキはよく似ていますが、ムラサキシキブは実が
葉の付け根あたりに付くのに対し、コムラサキは葉の付け根からやや離れた場所に付く

葉は対生し、ムラサキシキブは、葉の鋸歯がつけ根近くまであるのに対し
コムラサキは葉の先端~中央部分にだけ鋸歯があります

花はいずれも淡い紫色で、開花時期は6月~7月頃です


b0182884_22391542.jpg


ムラサキシキブ 中吉小吉(なかよしこよし)は、在来種に比べて大変実付きのよい品種です
花は5月下旬~9月頃まで小さなピンク色の花を一斉に咲かせ、その後に結実します
色づく前の緑の実と鮮やかに色づいた紫色の実が同居する様はとてもカラフル
たわわに大きな実を実らせます
耐寒性は在来種よりやや弱いので、寒冷地では鉢植えで育て冬季は室内に取り込む
0℃ほどあれば落葉はしますが、屋外で越冬する


b0182884_22392617.jpg

タイプ:クマツヅラ科の耐寒性落葉性低木
栽培適地:関東地方南部以南
樹高:1~1.5m
結実期:7~10月
用途:鉢植え、庭植え

栽培方法:
保水力のある肥えた土の半日陰の場所に植え、土が乾燥しずぎないよう注意
成長が早く、枝を切ってもまたわき芽が伸びてきます
剪定は遅くとも3月までにすませます
実は最初緑色ですが、秋にかけて徐々に色づいていきます


=== 追 記 ===

2017年6月4日撮影

b0182884_17335172.jpg



b0182884_17335886.jpg







More
by kasaburannkatei | 2016-10-18 22:58 | 花図鑑 秋 | Trackback | Comments(2)

シロシキブ

シロシブキは、コムラサキの白色品種です
枝が細く伸び、弓なりとなって初夏にはほのかな白いの花が咲き
秋には、初めは黄緑色の多数の実が、だんだんと白色に色づいていく


b0182884_16263479.jpg


樹高 : 1~1.5m

植え付け適期 : 9月~5月

結実期 : 9月~10月

栽培適地 : 東北地方以南



b0182884_16264014.jpg


栽培方法
保水力のある肥えた土の半日陰の場所に植え、土が乾燥しずぎないよう注意する
成長が早く、枝を切ってもまたわき芽が伸びてきる
剪定は遅くとも3月までにすませる
挿木で増やすこともできる


b0182884_16265637.jpg



10月8日撮影
ネットショップさんより、たくさんの実をつけた4号鉢のシロシキブが届きました♪

b0182884_16270622.jpg


科属名 : クマツヅラフジ科 ムラサキシキブ属 耐寒性落葉性低木

学名 : Callicarpa japonica f. albibacca

原産地 : :日本 朝鮮半島 中国

別 名 : コシロシキブ(白式部) シロミノコムラサキ(白実の小紫)

花言葉 : 知性 誠実






by kasaburannkatei | 2016-10-16 17:04 | 花図鑑 秋 | Trackback | Comments(2)
ムラサキシキブは、淡いピンク色でとても小さく可愛らしい花の後につく実が
秋頃紫色に染まる美しさを平安美女の「紫式部」にたとえられてこの名前がつきました
英名は「Japanese beautyberry(ジャパニーズ・ビューティーベリー)」

ピンクシキブは、ムラサキシキブの近縁種でムラサキシキブより少し小型のコムラサキです

段々に付く実の付き方が可愛らしく、ころんとした丸い実の美しさに目を奪われます
満開時期には非常に見栄えがするため主に庭木として人気で、また鉢植えや寄せ植えにも最適

日当たりの良い場所でも、やや日陰の場所でもよく育ちます
また暑さだけでなく寒さに強いため北海道でも植栽でき、特に防寒対策などをする必要はない




b0182884_1394348.jpg

b0182884_1310820.jpg

b0182884_13101053.jpg

8月頃に淡い紫色の花が咲き、枝先に花をつけながら、枝もとの実が色づき始め
秋には、名前の由来ともなっている実がピンクに色づいていきます

b0182884_131032100.jpg

【草 丈】2m~3m
【耐寒性】強
【耐暑性】強
【日 照】日向
【開花期】6月-7月
【結実期】9月-10月


b0182884_13103314.jpg

育て方
日当りや半日陰の場所と、保水力のある土が適している
水は表土が乾いたらたっぷりと与え、2月と8月の下旬に緩効性化成肥料を株元に施す
剪定は、2月~3月までに終わらせる
いらない枝を付根から間引いて植え替える
暑さ、寒さに強い植物ですが、土の乾燥には弱く、水切れさせると
葉が枯れてくるので気をつける


b0182884_13105682.jpg


b0182884_13105757.jpg


b0182884_13111744.jpg


科属名 :  クマツヅラ科 落葉性低木

学名 : Callicarpa japonica

原産地 : 日本 中国 

別名 : モモシキブ・ピンクパール

花言葉 :


写真は、2014年に下書きしたまま保存していたものです





More
by kasaburannkatei | 2016-10-13 23:40 | 花図鑑 秋 | Trackback | Comments(2)

ピンク丸花時計

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2016-10-11 00:07 | フラワーアレンジ

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei