の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2017-07-26 23:34 |
アジサイ スイートサマーは、一般の紫陽花が終わりを迎える頃の
夏から秋にかけて開花し、 花色が変化するアジサイです
花穂は緑からクリームホワイト色になり、 夜の気温が下がってくる秋頃には
ほんのりピンク色に色づき始めるアジサイですが
わが家では、どうしても秋頃には枯れてしまい、なかなかピンクに染まる姿を見れません


b0182884_22432784.jpg







More
by kasaburannkatei | 2017-07-19 23:05 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

タケシマユリ

タケシマユリは、韓国の鬱陵島(うつりょうとう・ウルルンド)の固有種です

鬱陵島は旧日本名を磯竹島、ないし竹島というため
(この島は、日本の領土であり韓国との領土問題が存在する竹島とは異なる)
タケシマユリと呼ばれるようになりました

日本やシベリア沿海州から朝鮮半島に自生するクルマユリの近縁です
草姿はクルマユリよりがっしりしていて性質も強健です


b0182884_13274004.jpg



6月上旬~7月、肉厚で黄橙色の花をやや下向きにつける
草丈は、80cmから150cm位で、1つの花茎に5輪から10輪位の花をつける
花径は5cm位で、花被片は6枚でやや分厚く、赤褐色の斑点があり反り返る
(手毬型になるほどではありません)
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である
独特の香り(私は好きかな)がありますが、個人差がある


b0182884_13275827.jpg



葉は、1~3段の輪生葉、 輪を描くように葉をつける
東アジア原産のユリで、輪生葉をつけるのは
タケシマユリを含めて4品種だけだそうです


b0182884_13281791.jpg



球根は苦味が少なく食用になり、ウイルス病にも強くて丈夫で育てやすいため
日本でも古くから食用として栽培されてきました

最近日本で食べられているのユリ根はコオニユリがほとんどで
タケシマユリは食べられなくなりました

また、日本にあるタケシマユリは、18世紀以前より長く栄養繁殖が続けられてきたため
自家受粉ではタネができないようになってしまいました

他の固体との交配でを行うとタネが得られますが、得られた実生は草勢が弱くなるのが特徴です



b0182884_13281145.jpg


属名の Lilium は、ギリシャ語の「leirion(白)」からきている
マドンナリリーの白い花を念頭に名づけられたもの
種小名の hansonii は、アメリカの園芸家「ハンソン(P. Hanson)さんの」という意味


b0182884_13282498.jpg


科属名 : ユリ科 ユリ属 多年草

学名 :  Lilium hansonii

原産地 : 韓国の鬱陵島(うつりょうとう・ウルルンド) 

別 名 :  オオクルマユリ

花言葉 : なまめかしく媚びる 色っぽい態度 純潔 美しさの象徴





More
by kasaburannkatei | 2017-07-17 14:36 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)
オリエンタルユリは、上向き咲きや華やかな色彩・香りで
多くの切り花や鉢花として人気があります


ミレッシモは、白い花弁を濃桃のラインが縁取る斬新な花色が魅力です

b0182884_17412184.jpg



b0182884_17412987.jpg



b0182884_17413506.jpg



b0182884_17414221.jpg



b0182884_17414980.jpg



b0182884_17415638.jpg


ユリの原種は、現在およそ110種余りが確認されており、
日本には14種のユリが自生しています。
その中でも日本にだけ自生しているという固有種が、
ヤマユリ、ササユリ、ヒメサユリ(オトメユリ)、タモトユリ、
ウケユリ、スカシユリの計6種です。

ユリのオリエンタルハイブリッドとは、主に日本原産である
これら6種のユリの交配から生まれた品種群のことをいいます。
まさに「オリエンタル(Oriental)」の名が表すとおり、
東洋=日本起源のユリから生み出されたものなのです。

参照




More
by kasaburannkatei | 2017-07-16 17:55 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)
ユリ プリンスプロミスは、テッポウユリとオリエンタルリリーの交配種
清楚な花姿のラッパ咲のユリで、 中心の藤桃色のグラデーションが素敵です
ほのかなよい香りがします


b0182884_00560183.jpg



b0182884_00561036.jpg



b0182884_00562219.jpg



b0182884_00562841.jpg



b0182884_00563780.jpg



b0182884_00564313.jpg




b0182884_00565975.jpg



b0182884_00570494.jpg


記録の為、続きの写真は多いです





More
by kasaburannkatei | 2017-07-16 07:00 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

仲間入り苗

今日は、出先の帰りに種苗店へ立ち寄ってみました

ひと目で魅せられた、ひと株から一重咲き、八重咲きのキキョウ

ピンク

b0182884_21455464.jpg





b0182884_21460257.jpg







More
by kasaburannkatei | 2017-07-13 22:01 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(4)

タイワンガザミ

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by kasaburannkatei | 2017-07-12 23:50 | H.T

テッポウユリ 白花

テッポウユリ ミックス球鉢植えの白花

b0182884_00042550.jpg



b0182884_00043338.jpg



b0182884_00043968.jpg



b0182884_00044569.jpg



b0182884_00045169.jpg






More
by kasaburannkatei | 2017-07-11 06:30 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

蝶いろいろ

今日は、久しぶりに雨が降らない一日でしたが
風が強く、満開のセイヨウニンジンボクも大揺れ
そんななか、沢山の蝶が来ているのを見ながらの草取りでした


ジャコウアゲハとアオスジアゲハ

b0182884_23023716.jpg







More
by kasaburannkatei | 2017-07-10 23:12 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)
テッポウユリ トライアンフェター(トライアンフェータというサイトもある)
白色花弁と中央の赤色のコントラストが個性的なテッポウユリ
環境条件により花色が薄くなることがある

花のオリンピックと言われるフロリアード2002でゴールドメダルを受賞したそうです

b0182884_00041373.jpg



左はプリンスプロミス 右がトライアンフェター
b0182884_00042282.jpg



b0182884_00043097.jpg



b0182884_00044288.jpg







More
by kasaburannkatei | 2017-07-05 21:54 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei