の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お誕生日

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2018-01-30 22:36 | H.T

金のなる木(花月)

金のなる木は、南アフリカを原産とする多肉植物で、昭和初期に日本へ渡来しました
樹高1~3mに生長し、大きく育つと茎が木の幹のように見えることから
観葉植物として流通しています


葉っぱは肉厚で丸く、表面にはツヤがあり、また、生長すると赤い縁取りが入り
寒くなると紅葉して全体的に赤くなる
11~2月に白やピンクの小さな星形の花を咲かせますが、品種によって
咲きやすかったり、大きくならないと咲きにくかったりと様々です
中には1ヶ月以上花を咲かせるものもある


b0182884_22111715.jpg


園芸上の名称は「花月」とされていますが、流通しはじめた当初
新芽に5円玉を入れてお金が実ったように見せて販売していたことから
「金のなる木」「成金草」と呼ばれるようになりました


英名の「dollar plant(ダラ-プラント)」「Money tree(マネーツリー)」は
葉っぱが丸く、コインのように見えることに由来します
また、健康に育った株は、葉っぱに赤い縁取りが入ることから
「縁紅弁慶」という和名も付けられています


b0182884_22113293.jpg


中国では、金のなる木は金運や繁栄を招く縁起のよい植物とされてきました
そのため、風水でも金運アップの効果があるとされています
金運を左右する方角とされる南東に置くのが吉

また、葉っぱが上向きで丸い形をしていることから、人を元気付け
リラックスさせる効果を併せ持っているので、
家族が集まり、友人を招きいれるリビングに飾るのがおすすめのようです


b0182884_22114134.jpg


金のなる木は、品種改良がしやすいことから、たくさんの園芸用品種があり
中には、葉っぱが巻いたり、細くなったり、斑が入ったりするものもある

よく知られている品種

カゲツ(花月)

クラッスラ・ポルツラケという学名で、一般に「金のなる木」というと本種を指す
葉っぱが肉厚で幹が太く、丈夫で育てやすいことから人気のある品種

オウゴンカゲツ(黄金花月)

明るい黄色の斑が入る品種で、日に当たると葉っぱが黄金色に輝くことか
縁起がよいとプレゼントによく贈られる

カゲツニシキ(花月錦)

花月の斑入り品種で、薄いクリーム色から白色のスジが入る
葉っぱの深い緑色と斑のコントラストが美しく、観賞価値が高い

ヒメカゲツ(姫花月)

草丈の低い品種で、株がコンパクトにまとまることからミニ観葉植物として流通している
節と節の間が狭く、こぶりな葉っぱが特徴

サクラカゲツ(桜花月)

花の付きやすい品種で、晩秋から春にかけてピンクの小さな花を咲かせる
その姿が桜を思わせることから名付けられました

ウチュウノキ(宇宙の木)

上に向かって育つ細長い葉っぱが、宇宙人の指を連想させることから
名付けられた品種で、「クラッスラ・ゴーラム」という学名で流通していることもある


b0182884_22114987.jpg


日向の風通しがよい場所で、乾燥気味に育てるのがポイント
日陰でも育つことはできますが、弱い枝が生えて見た目が悪くなってしまう
また、日光を十分に浴びないと、花も咲きにくくなってしまう

多肉植物なので、湿度の高い環境は苦手で、水は土の表面が乾いてから
数日おいて与えるようにするとよい

金のなる木が育つためには0度以上の気温が必要で、根が霜に当たると
枯れてしまうことから、鉢植えで育てるのが一般的ですが
暖かい地域では、地植えで育てることもできる

鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に植え付け、日向で管理し
地植えは、日当たりと水はけのよい場所を選んで植える
いずれの場合も、4~6月か、9~10月が植え付けの適期

挿し木と葉挿しで数を増やすことができる
いずれの場合も4~10月が適期で、水は与えずに根が出るのを待つ


b0182884_22115739.jpg


科属名 : ベンケイソウ科 クラッスラ属 常緑低木 多肉植物 

学名 : Crassula ovata

原産地 : 南アフリカ

別名 : 花月(カゲツ) クラッスラ 縁紅弁慶(フチベニベンケイ)  成金草(ナリキンソウ)

花言葉 : 一攫千金 富 幸運を招く 不老長寿

参照



続きは、記録の為、写真数が多いです
お時間がある方は、続きもどうぞ






More
by kasaburannkatei | 2018-01-29 23:08 | 花図鑑 冬 | Trackback | Comments(2)

食事会

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2018-01-25 23:51 | 家族
この時期の庭は、お花が少なくさびしい感じになりますが
そんななかでユリオプスデージーやオキザリスが開花し
少しだけ明るく元気パワーを見せてます

1月19日撮影

ユリオプスデージー

b0182884_00113326.jpg



オキザリス バーシーカラー

b0182884_00114237.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-01-21 00:18 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
カランコエ グランディーバは、花もちがよく豪華な八重咲きのカランコエ
花の最大サイズは直径約3cmと超巨大輪、花弁数は1輪で90枚以上にもなる
そのうえ、従来の八重咲種よりも花もちがよく、咲きはじめから10週間以上
(最大3ヶ月間)花が楽しめるそうです

ハーレーはオレンジ系の花色
まるでバラのような花弁で大輪なのにコンパクトな株姿なので
明るい室内ならテーブルフラワーとして、あるいはリビングの窓辺などに飾るとピッタリです


b0182884_22435322.jpg


開花期 : 管理により周年(11~4月)

耐寒温度 : ショップさんの説明書きには5℃以上となっていましたが
       ラベルには10℃以上となっていました

栽培方法:
5月~10月頃までは日の当たる戸外もしくは明るい室内で育てる
気温が下がってきたら、室内で管理する
乾燥に強く加湿を嫌うので、鉢土の表面が乾いてから更に1~2日後に
鉢底から水が流れ出るくらい、たっぷりと与える

開花後、再度花芽をつけるには短日処理が必要となる
日照時間が8~9時間程度になるよう早朝もしくは夕方に
段ボール箱などをかぶせてコントロールする
開花中は1月に1~2回、1000倍に薄めた液体肥料を与える
冬は特に鉢土の水が完全に乾いてから与える


b0182884_22440298.jpg



b0182884_22440842.jpg



b0182884_22441514.jpg



超巨大輪のカランコエ グランディーバ
ボリュームがある分、どうしても重みに耐えられず倒れてしまいます


b0182884_22442389.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-01-20 22:54 | 花図鑑 冬 | Trackback | Comments(2)
カランコエ グランディーバ・オージェは、花もちがよく豪華な八重咲きのカランコエ
花の最大サイズは直径約3cmと超巨大輪、花弁数は1輪で90枚以上にもなる
そのうえ、従来の八重咲種よりも花もちがよく、咲きはじめから10週間以上
(最大3ヶ月間)花が楽しめるそうです
まるでバラのような花弁で大輪なのにコンパクトな株姿なので
明るい室内ならテーブルフラワーとして、あるいはリビングの窓辺などに飾るとピッタリです


b0182884_23491917.jpg


開花期 : 管理により周年(11~4月)

耐寒温度 : ショップさんの説明書きには5℃以上となっていましたが
       ラベルには10℃以上となっていました

栽培方法:
5月~10月頃までは日の当たる戸外もしくは明るい室内で育てる
気温が下がってきたら、室内で管理する
乾燥に強く加湿を嫌うので、鉢土の表面が乾いてから更に1~2日後に
鉢底から水が流れ出るくらい、たっぷりと与える

開花後、再度花芽をつけるには短日処理が必要となる
日照時間が8~9時間程度になるよう早朝もしくは夕方に
段ボール箱などをかぶせてコントロールする
開花中は1月に1~2回、1000倍に薄めた液体肥料を与える
冬は特に鉢土の水が完全に乾いてから与える



b0182884_23485988.jpg



b0182884_23490571.jpg



b0182884_23491253.jpg



b0182884_23484569.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-01-19 00:14 | 花図鑑 冬 | Trackback | Comments(2)
カランコエ ピトンピンクは、前回紹介した人気品種ピトンの姉妹品種でピンクタイプ
ほかにはないカラフルな花色が特徴のカランコエです
覆輪咲きになるととてもチャーミングな花です


b0182884_00200661.jpg


開花期 : 管理により周年(11~4月)

耐寒温度 : 5℃以上 

栽培方法 
5月~10月頃までは、日が当たる戸外もしくは明るい室内で育てます
気温が下がってきたら、室内で管理する
乾燥に強く過湿を嫌うので、鉢土の表面が乾いてから更に1~2日後に
鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと与える
開花中は月に1~2回、1000倍に薄めた液体肥料を与える
冬は特に鉢土の水が完全に乾いてから与える



b0182884_00203624.jpg



b0182884_00210691.jpg







More
by kasaburannkatei | 2018-01-16 07:00 | 花図鑑 冬 | Trackback | Comments(2)

ポットマム他いろいろ

1月11日撮影

ポットマム ティエラ

b0182884_21203613.jpg







More
by kasaburannkatei | 2018-01-15 21:51 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

もぐらうち

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2018-01-14 21:23 | 田舎

マーガレット 2

プランター植えのマーガレット

1月11日撮影

ボンザマーガレット サクラ

b0182884_02374579.jpg







More
by kasaburannkatei | 2018-01-14 08:30 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei