<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アジサイ

アジサイも日毎に色づき始めました

シロハナアナベルアジサイ

b0182884_22265584.jpg







More
by kasaburannkatei | 2018-05-31 22:38 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
マーガレット エンジェリックシリーズは、コンパクトながらボリューム満点の草姿で
花付きが良いので、秋から初冬、早春から初夏にかけてと長期間かわいい花を
楽しむことができる四季咲き性のあるマーガレットです
たくさん枝分かれして花を咲かせるので、鉢植えに仕立てて楽しくこともできます

花形もシングル咲き、ダブル咲き、アネモネ咲きと豊富なシリーズです


b0182884_21523045.jpg



b0182884_21523919.jpg


レモンパステルは、その名の通り優しいパステルカラーのイエローで
一重咲きの丸い花弁をしています
種苗登録品種につき、営利目的での自己増殖は禁止されています


b0182884_21524825.jpg



タイプ : キク科 キク属の半常緑宿根草
原産地 : カナリー諸島
草丈 : 30~50cm
開花期 : 3~6月 10~12月
温度 : 耐寒性あり
用途 : 花壇、鉢植え


b0182884_21525612.jpg

栽培方法
花壇で楽しむ場合には、日当りが良く、砂質で水はけの良い場所を選びます
株間は20cm以上確保する必要があります

プランターに植える場合も被同士を近づけて植えると
病気の原因になったり、下葉が枯れあがって乱れた姿になるので注意する
土壌はやや乾燥気味の方が生育が良好

丈夫で育て易く、切り戻した後の咲き戻りも早いので、花壇用として最適
気温が0℃程度なら耐えられるので、場所によっては屋外で越冬できる
氷点下になる場合は、軒下等で管理する
夏は蒸れないように枝を少しすかしてあげて、風通しよく育てるのがポイントだそうです



b0182884_21530513.jpg


参照







More
by kasaburannkatei | 2018-05-28 22:30 | 花図鑑 マーガレット | Trackback | Comments(2)
マーガレット エンジェリックシリーズは、コンパクトながらボリューム満点の草姿で
花付きが良いので、秋から初冬、早春から初夏にかけてと長期間かわいい花を
楽しむことができるマーガレットです
たくさん枝分かれして花を咲かせるので、鉢植えに仕立てて楽しくこともできます

花形もシングル咲き、ダブル咲き、アネモネ咲きと豊富なシリーズです

b0182884_18272148.jpg



b0182884_18273088.jpg


マーガレット エンジェリックスノー
美しい白花弁、花芯の変化も楽しめるお気に入りのマーガレットです


b0182884_18273650.jpg


タイプ : キク科 キク属の半常緑宿根草
原産地 : カナリー諸島
草丈 : 30~50cm
開花期 : 3~6月 10~12月
温度 : 耐寒性あり
用途 : 花壇、鉢植え

栽培方法
花壇で楽しむ場合には、日当りが良く、砂質で水はけの良い場所を選びます
株間は20cm以上確保する必要があります

プランターに植える場合も被同士を近づけて植えると
病気の原因になったり、下葉が枯れあがって乱れた姿になるので注意する
土壌はやや乾燥気味の方が生育が良好



b0182884_18274223.jpg



b0182884_18274862.jpg

参照




成長記録になりますので、続きは写真数が多いです






More
by kasaburannkatei | 2018-05-27 19:47 | 花図鑑 マーガレット | Trackback | Comments(2)
ダリア ダリーナマキシは、花弁が多く盛り上がって手毬のような
花形になるボール咲きで、花色は咲き進むと変化する


b0182884_20323287.jpg


ダリーナマキシは、愛知県の営利生産者さん向けの種苗メーカーである
株式会社ハクサンさんの人気商品で、小葉でコンパクトに生育し
花径4~6cmの大輪の花を咲かせる鉢物用わい性ダリアです
生育、開花揃いがよく生産性に優れているダリアで存在感のある花なので
花壇のメインや鉢植えにしても引き立つダリアです


b0182884_20323935.jpg


このダリーナマキシシリーズには、白色、赤色、黄色、紫色
橙色、ピンク、赤復色(赤に白の縁取り)の7色がありようです

植え付け時期は、3月~6月
開花期は、6月~10月
草丈は、30~60cm
主な用途は、花壇向き、鉢植え


b0182884_20324652.jpg



b0182884_20325346.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-05-26 21:02 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)

アジサイ

アジサイの季節になってきました


シロハナアナベルアジサイ

b0182884_21151906.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-05-24 21:27 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
ミニ花壇のお花たち

アメリカンコデマリ マゼントブラウン

b0182884_21534761.jpg




ローズゼラニウム

b0182884_21535846.jpg






More
by kasaburannkatei | 2018-05-22 22:10 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
マーガレット ラブリーフレンドは、一重咲きの花型で鮮やかな桃色の中輪品種です
花数が多く、次々と開花してくるため、長い期間花を楽しむことができます
花が咲き進んでも花びらが色あせません
また、コンパクトな草姿で鉢物や花壇への利用が適し、仕立てやすい品種です


b0182884_00005429.jpg


静岡県オリジナル品種のマーガレット
伊豆農業研究センター育成系統の自然交雑実生から選抜される
品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され
10月から5月まで出荷される


b0182884_00135192.jpg



b0182884_00010080.jpg


開花期:10~6月
用途:鉢植え、花壇
日照:日なたを好む


b0182884_00010618.jpg

栽培方法:
日あたりが良く、強い風が当らない場所に置く
置く場所にも異なりますが、2日に1度程度、または毎日水をたっぷり与える
水切れを起こすと、花首が曲ったり、折れたりすることがある
そんな時は曲った花を切り取ると早く次の花が咲く
切り取った花は一輪挿しやグラスブーケとして使うとよい

肥料は1ヶ月に1回程度、適量与える
株が大きくなり、根詰まり状態になったら大鉢へ植え替える
水はけが良い土に根鉢を崩さずに植え替える
その時は終わった花を摘み取り、蕾だけを残すようにすると根の動きが良い

温度を始めとする条件がよければ、秋に良い花を咲かせるためには
植え替えと摘芯を行う
摘芯は梅雨明けの2~3週間ぐらい前が良く、深く行わず
全体が丸くなるように形を整える程度で構わない



b0182884_00011397.jpg


参照


成長記録の為、続きは写真数が多いです





More
by kasaburannkatei | 2018-05-21 21:40 | 花図鑑 マーガレット | Trackback | Comments(2)

サツキ はなびん

サツキはツツジ科ツツジ属の常緑低木で、樹高は30~100cm程になり
披針形の葉が数枚ずつ互い違いに付き、枝先に3~5cm程度の
ろうと状の花を咲かせます

サツキは最も育てやすい花木のひとつで、交通量の多い道路沿いにも
植えられていることから、その強健ぶりが分かります
初心者でも盆栽に仕立てることが容易で、すぐに幹を太らせてくれる

江戸時代から品種改良が続けられているだけあり、一般の愛好家でも
人工授粉による交配にチャレンジできまる
入門種でありながら、サツキには奥深い世界が広がっている
和のイメージが強いさつきですが、意外と洋風の庭にもよく似合います


b0182884_13312372.jpg



サツキの正しい呼び名は「サツキツツジ」
名前の示す通りツツジの一種なので両者はよく似ている

見分け方はまず花の大きさ、2~3cmにとどまるサツキに対し
ツツジは5~7cmと大きくなる
葉の大きさもサツキの方が小ぶりです

開花時期はツツジの方が早く3月~4月、ツツジの終わった頃の
4月末~5月にかけてサツキが咲き始める



b0182884_13313289.jpg


サツキの名前の由来は、5月・皐月(サツキ)に咲く花であることから
つけられたと言われている
同じ時期の風物詩のホトトギス(杜鵑、不如帰)から、サツキには
「杜鵑花(とけんか)」という別名もある
中国ではツツジとサツキをひとくくりにして「杜鵑花」と呼ぶそうです
李白の残した『宣城見杜鵑花』という詩には
「宣城の都で杜鵑花を見ると、故郷・蜀で聴いたホトトギスの声を思い出す」と
郷里に対する切々とした思いが詠まれています

サツキは「岩つつじ」という名前で万葉集に登場します
ツツジ科の中でも岩場に性質が強かったため、この名になりました
和泉式部のよく知られた歌にも
「岩つづじ 折り持てぞ見る 背子が着し くれなゐ染の 衣に似たれば」とあり
愛する人の着ていた衣と、手折った岩つつじの赤いイメージが鮮烈に描かれています
他にも、従者が亡き草壁皇子への思いを詠んだ「
水伝う 磯の浦みの 岩つつじ 茂く咲く道を またも見むかも」という歌などがある


b0182884_13313853.jpg

先週、母の病院の帰り道、長いこと探していた花海棠の苗木がないかと
立ち寄ったお店で目に留まったサツキ はなびん

栃木県鹿沼市の渋江(しぶえ)さつき園にて生まれたサツキ はなびん
立山の舞と星の輝という品種を交配させた

参照



サツキでは珍しい切れ目の深い細弁、胡蝶咲き、中輪
紅紫色地に純白の大小絞り
半落葉樹で、5月中旬から6月上旬に美しい花を咲かせる


b0182884_13314365.jpg

育て方
用途 : 鉢植え、盆栽、庭植え
場所 : 日当りを好む
用土 : 弱酸性で排水、保水の良いもの
肥料 : 固形発酵油かす
水やり : 水分を切らさないように



b0182884_13315028.jpg




科属名 : ツツジ科 ツツジ属 常緑低木

学名 : Rhododendron indicum

原産地 : 日本

別名 : 杜鵑花(トケンカ) 皐月躑躅(サツキツツジ)

英名 : Satsuki azalea

花言葉 : 節約 節制 貞淑 幸福 協力を得られる



参照



by kasaburannkatei | 2018-05-20 14:43 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(2)
この記事はブログのファンのみ閲覧できます


More
by kasaburannkatei | 2018-05-19 23:55 | 花図鑑 デンドロビウム

マーガレットは、カナリア諸島の浜辺に自生する、毎年花を咲かせる多年草です
17世紀末にフランスに導入されたのがはじめで、日本には明治時代に渡来しました
高温多湿、寒さに弱く日本の気候では育てにくく当初は温室での栽培がメインでした
大正時代、露地での栽培法が確立され、温暖な太平洋沿岸で切り花用に
栽培されるようになりました

マーガレットの名前はギリシア語で「真珠」を意味するマルガリーテスに由来し
白い花姿に由来します

b0182884_23561212.jpg


草丈は60cm~1m、年月を経た株は地際の茎が樹皮のように茶色くごつごつした感じになる
その姿からモクシュンギクの和名があります

園芸品種は様々な花色・花姿がありますが野生種は白か黄色の一重咲きです
主な開花期は初夏~夏です
葉は深く切れ込んで羽のような姿をしています




b0182884_23562289.jpg

種類
在来白花種
在来白とも呼ばれるフランスで改良された園芸品種です
古くから栽培されており、マーガレットの代名詞とも言える品種で
日本には明治時代に入ってきました
野生種に比べて花が大きいのが特徴で早生の種もある
在来白はタネがなかなかできませんが、鉢物用に改良された最近の園芸品種の
多くは簡単にタネができる

黄花マーガレット
在来黄とも呼ばれ、一重の黄色い花を咲かせます
このほかにも花色がピンクのもの、八重咲き種や丁字咲き種など多くの園芸品種がある
また、黄花の園芸品種のなかには、近縁のシュンギク(キク科キク属)との交配によって
誕生したものもあり、最近ではハナワギク(キク科キク属)と交配させた園芸品種が
ふえていますが、花後に雨に当てると枯れやすく、一年草的な性質が強いといえます


花形は一重、丁字、八重、ポンポン咲きなど変化に富んでいます
基本的に香りはありませんが、ラベンダーに似た香りをもつ交配種の風恋香があります



b0182884_23562883.jpg


マーガレットの葉や茎の汁にはミニテルペンラクトンという有毒物質が含まれ
皮膚接触による皮膚炎や経口接触による嘔吐などの症状を引き起こす
恐れがあるので、注意も必要です



b0182884_23563498.jpg


マーガレットの植え付けは、3月下旬から6月初旬あたりの春に行う
夏が近くにつれて生育が衰えてきますが、直射日光を避けられる
風通しの良い場所で管理する

基本的にマーガレットはアルカリ性の土壌を好むため
園芸用品に小粒の赤玉土とリンを含む緩効性無機質肥料などを混ぜた用土がおすすめ
土壌が酸性の場合は、緩和するために苦土石灰や有機石灰を混ぜるのもよい

マーガレットは乾燥気味を好み、肥料はひかえめでOK

9月頃には思い切ってマーガレットをばっさり剪定することで、株形が整い
花数を増やすことができる
15cmほどに伸びた新芽を摘み取ることで、脇芽が出てより多くの花をつける
全体で背丈を半分にする気持ちで思い切って剪定してよいのですが
葉を残さずに剪定すると枯れてしまうので注意が必要


b0182884_23564070.jpg


英語の花言葉 : Secret love:秘密の恋 Faith:信頼

色別の花言葉 : ピンク色・・・真実の愛  黄色・・・美しい容姿

マーガレットは、恋占いの花としてよく利用され
また、花言葉も「恋占い」という意味をもっており、世界的にも有名な花です
実はフランスの少女たちがマーガレットを使用し占っていたことが起源となっているそうです

もう一つの花言葉「真実の愛」は、ギリシャ神話に登場する女性の守護神
アルテミスに愛を伝え、捧げる花がマーガレットであったことに由来している
女神アルテミスは、「処女神」「出産の女神」「狩猟の女神」などと言われている


b0182884_23564727.jpg


科属名 : キク科 モクシュンギク属

学名 : Argyranthemum frutescens(Chrysanthemum frutescens)

原産地 : カナリア諸島

別名 : 木春菊(モクシュンギク) フランスギク

英名 : Marguerite(マーガレット) Paris daisy(パリ・デージー)

花言葉 : 恋占い 真実の愛 信頼 貞節 誠実


参照





記録更新の為、続きは写真数が多いです






More
by kasaburannkatei | 2018-05-14 22:55 | 花図鑑 マーガレット | Trackback | Comments(4)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei