<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ムラサキシキブ 中吉小吉(なかよしこよし)は、在来種に比べて大変実付きのよい品種です
花は5月下旬~9月頃まで小さなピンク色の花を一斉に咲かせ、その後に結実します
色づく前の緑の実と鮮やかに色づいた紫色の実が同居する様はとてもカラフル
たわわに大きな実を実らせます
耐寒性は在来種よりやや弱いので、寒冷地では鉢植えで育て冬季は室内に取り込む
0℃ほどあれば落葉はしますが、屋外で越冬する


b0182884_22555238.jpg



b0182884_22560174.jpg


参照







More
by kasaburannkatei | 2018-08-31 23:19 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

ハーバリウム(3)

ハーバリウムの楽しさは、植物の組み合わせと使用する
ボトル(瓶)の形でいろんな雰囲気が楽しめることかしら

今回は四角柱のボトルを使ってみました
ボトルの方向を変えるだけで雰囲気が違います


b0182884_23260048.jpg



b0182884_23261773.jpg



使用材料
ハーバリウム四角柱ボトル 容量200ml、高さ214mm、直径40mm(対面)
ドライフラワー スプレーローズ 複色系ナチュラル
プリザーブドフラワー ソフトゆめアジサイ グリーン
ソフトミニカスミソウ エンジェルパープル





More
by kasaburannkatei | 2018-08-29 23:36 | ハーバリウム | Trackback

デュランタ タカラヅカ

猛暑に加え雨が降らず、連日、節水の協力を呼びかける
市の防災無線が流されてます
そんな中で庭の植物は随分と枯れてしまいましたが
例年通りたくさんの花を咲かせているデュランタ タカラヅカです


b0182884_23434049.jpg







More
by kasaburannkatei | 2018-08-26 23:54 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

熱中症

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by kasaburannkatei | 2018-08-21 23:50 | 仕事

ハーバリウム(2)

花材があまり動かないようにするにはどうしたものかと
2つ目は枝物を使ってみました


b0182884_00085131.jpg


使用材料
テーパー型ガラスボトル丸瓶容量200ml
高さ219mm、直径661mm、口内系19mm
ドライフラワー スプレーローズ ナチュラルオレンジ系
ドライフラワー LDグリーンスター
(葉が特徴的なオーストラリア産リューカデンドロンのドライフラワーです)


参照


b0182884_00090615.jpg





More
by kasaburannkatei | 2018-08-20 08:00 | ハーバリウム

ハーバリウム(1)

在庫していた花材を使っての初めての作品


b0182884_18065658.jpg

使用材料
ハーバリウム丸瓶容量200ml、高さ214mm、直径45ミリ
ドライフラワー ローズバッド(レッド)18~25mm
プリザーブド ヴェスペネスト(白)
プリザーブド サンウィ―バイン(フレッシュグリーン)




b0182884_18071693.jpg








More
by kasaburannkatei | 2018-08-19 18:36 | ハーバリウム

ハーバリウム

ハーバリウムとは、もともとは植物標本のこと
近年人気なのが、ボトルにプリザーブドフラワーやドライフラワーなどの
植物を入れ、専用のオイルで満たしたものや、造花とオイルの組み合わせで作る
アーティリウムが流行しています

好きな形のボトルに好きな色形の花を、みずみずしい状態で
長く楽しめることが人気の理由のひとつですが
何よりも、透明な液体のなかで、花の非現実的な浮遊感、
それを眺めることによる癒やしの効果が、心を惹きつけられます


b0182884_21275117.jpg



ハーバリウムオイルには、ミネラルオイルとシリコンオイルの2種がある

ミネラルオイルは、価格が安いので手軽に使えます
不純物が入っていない無添加のベビーオイルでも代用ができる
マイナス10℃以下で濁り始め、一度濁ると元に戻らないので
寒冷地での使用は注意が必要とのこと

シリコンオイルは、価格は高いですが花材からの色落ちもしにくく
ガラスに似た屈折率があり、ボトルに入れた時にガラスに封じ込めたような
美しさを楽しむことができるそうです



b0182884_21280093.jpg

昨年から仕事に追われ、ゆっくり腰を据えフラワーアレンジができず
残っていた花材も色が変色し始めたので、お嫁ちゃんとハーバリウムを
やってみようかということになりました

とりあえず一緒にやる前に要領を知っておこうといろいろと検索しひとりで初挑戦
ボトルの中に上手く花材を詰め、いざオイルを入れると詰め方が悪く
浮き上がってしまったりバランスが悪くなったりの悪戦苦闘
試行錯誤しながら少しずつ要領が解ってきました



b0182884_21280698.jpg


まだまだ独学の余地はありますが、お嫁ちゃんと一緒にやれる
段階までになったかな(笑)
あとは二人の休みが合えばいうことなし・・・
いつになるんだろうね。。。。。



参照









by kasaburannkatei | 2018-08-12 22:07 | ハーバリウム | Trackback | Comments(2)

猛暑

暑い! 暑い!! 暑い!!!
今年は暑い!!の言葉しか出ない日々

ひと足早く仕事に出かける主人を一緒に見送るセミ
いってらっしゃ~いの大合唱です

b0182884_00145284.jpg


遮光をしているデンドロビウムやギンギアナムの場所には
一日中、殆ど同じ場所にいるアマガエル

b0182884_00152313.jpg


いつからこんな猛暑日が続くようになったのだろうと
過去の記録を調べてみると2015年、夏の猛暑日はほんの数日
2016年以降は反対に猛暑日でなかった日がほんの数日でした

おまけに今夏は雨が降らず、次から次と植物が枯れていく有様です
そう言えば今年は水やりをしていて蚊に刺されないなと思ったら
蚊は猛暑が原因で数そのものが減り、気温35度を超えると動かなくなるとのこと

まだまだ屋外の仕事が残っているのですが、さすがにこの猛暑の中での仕事は
病気になりそうだと、今日から少し早い盆休みに入ることにしました




by kasaburannkatei | 2018-08-11 07:30 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

戦争がもたらすもの

今日、8月9日は、長崎に原爆が投下されてから73年となります
長崎市で平和祈念式典が行われ、国連の事務総長が初めて出席する中
田上富久市長は、平和宣言で、日本政府に対して「唯一の戦争被爆国として
核兵器禁止条約に賛同して世界を非核化に導く道義的責任を果たすこと」を求めました

長崎市の平和公園で行われた式典には、被爆者や遺族、
それに71か国の代表を含むおよそ6000人が参列し、
この1年間に亡くなった被爆者など、3511人の名前が書き加えられた
17万9226人の原爆死没者名簿が納められました

原爆投下から73年、全国の被爆者の平均年齢は82歳を超えたそうです
被爆者の人数は16万人を切り、最も多かった1980年のおよそ4割まで減り
いま「被爆者なき時代」が着実に、近づいている

また被爆二世が40代、50代、60代となっていて深刻な病気を抱えている人もいる
だからそういった方を何とか救済できないものかと…」

健康面に不安を抱えた被爆二世も少なくない


今年1月にニュースとして伝えられましたが、昨年末バチカンで、教皇フランシスコが作成し、
関係者に配布した「焼き場に立つ少年」のカードについて、この日本語版が完成し
現在、日本にある16の教区本部事務局を通して配布されました


b0182884_21581785.jpg



b0182884_21590193.jpg

写真は、アメリカ人の従軍カメラマンだった、故ジョー・オダネルさんが1945年の
原爆投下直後に長崎で撮影したものです
教皇がこの写真を用いたことに、核兵器廃絶を繰り返し世界に強く訴えるその姿勢が表されています

写真を受けて、カード裏面には「戦争がもたらすもの」との教皇フランシスコのことばと署名があり、
さらに写真について、「……この少年は、血がにじむほど唇を噛み締めて、やり場のない
悲しみをあらわしています」といった説明文が添えられています

焼き場に立つ少年

佐世保から長崎に入った私は小高い丘の上から下を眺めていました。
すると白いマスクをかけた男たちが目に入りました。
彼らは60センチほどの深さに掘った穴のそばで作業をしています。
やがて、10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目にとまりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に負っています。
弟や妹をおんぶしたまま広場で遊んでいる子どもたちの姿は、当時の日本ではよく目にする光景でした。
しかし、この少年の様子ははっきりと違っています。
重大な目的をもってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。
しかも裸足です。
少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
背中の赤ん坊はぐっすりと眠っているのか、首を後ろにのけぞらせていました。
少年は焼き場のふちに5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男たちがおもむろに近づいて赤ん坊を受け取り、ゆっくりと葬るように、
焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に焼けるジューという音がしました。
それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がり、真っ赤な夕日のような炎が、
直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です。
炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいるのに気づいたのは。
少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が鎮まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。

坂井貴美子編著、ジョー・オダネル写真『神様のファインダー』(いのちのことば社)より


過去の話だと切り捨てずに、未来の身に起こるかもしれない話だからこそ
73年前のこの悲惨な出来事を継承していかなければならない
平和への思いをしっかりと受け止め、戦争がもたらすものに関心を持って欲しいものです





by kasaburannkatei | 2018-08-09 23:15 | 祈り | Trackback | Comments(0)

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei