の~んびり!!

yurimusume.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

F1モネパレットは、赤や黄など多種多様な花色があり開花期にも早晩がある
1本立ちからよく枝分かれするものまで、多彩な咲き方が楽しめる
タキイ(株)の欲張りな混合種のヒマワリです


今回は黄色系のお花

b0182884_21532822.jpg



b0182884_21533730.jpg



b0182884_21534519.jpg



b0182884_21535394.jpg



b0182884_21540132.jpg


草丈は、150cmから200cm
開花までの日数は80日くらい



b0182884_21540844.jpg


科属名 : キク科 キク亜科 ヒマワリ属

学名 : Helianthus annuus

産地 : アメリカ

別名 : 日輪草(ニチリンソウ)

英名 : Sunflower

花言葉 :あなたを見つめる  


参照


続きは、成長記録の為、写真数が多いです





More
by kasaburannkatei | 2019-08-18 22:09 | 花図鑑 夏 | Trackback | Comments(0)
F1モネパレットは、赤や黄など多種多様な花色があり開花期にも早晩がある
1本立ちからよく枝分かれするものまで、多彩な咲き方が楽しめる
タキイ(株)の欲張りな混合種のヒマワリです


今回は赤系のお花

b0182884_21292627.jpg



b0182884_21294248.jpg



b0182884_21295052.jpg



b0182884_21295682.jpg



b0182884_21300528.jpg


草丈は、150cmから200cm
開花までの日数は80日くらい


b0182884_21301318.jpg




科属名 : キク科 キク亜科 ヒマワリ属

学名 : Helianthus annuus

産地 : アメリカ

別名 : 日輪草(ニチリンソウ)

英名 : Sunflower

花言葉 :あなたを見つめる  


参照

続きは、成長記録の為、写真数が多いです




More
by kasaburannkatei | 2019-08-16 21:57 | 花図鑑 夏 | Trackback

サンリッチヒマワリは、切り花として売られているヒマワリの

70%以上を占めているという

タキイ種苗(株)の研究農場で育種に取組み始めてから

十数年という長い時間をかけ開発・誕生した

花粉がなく花の直径が10cmくらいと小さく、草丈が150cm前後で

茎が細いサンリッチヒマワリが91年に市場に登場し

日本だけではなく世界の花市場に、切り花のヒマワリ市場を創出し人気品種となっていく

「サンリッチ」とは「太陽(sun)に満ちあふれた(rich)」に由来し

現在、オレンジ、マンゴー、レモン、パインなどフルーツの名前を付けた品種が発売されている



b0182884_15351079.jpg



フレッシュオレンジは、濃いオレンジ色花弁がきれいに整って並ぶ
美しい花型のヒマワリで、切花用ひまわりサンリッチの緑芯タイプ
花芯が緑色から次第に美しい橙色に変化する

花粉が出ず、側枝も出ない完全1本立ち品種、周年最短55日で開花する
F1サンリッチシリーズ 55日タイプ適温さえ保てば春~初秋までまくことができる



b0182884_15351793.jpg



草丈は約100150cm 花の直径は10~20cm前後

播種時期は4月上旬~7月上旬 発芽温度は25℃前後

開花時期は6月中旬~7月中旬 9月中旬~10月中旬(まく時期により異なる)




b0182884_15352201.jpg



b0182884_15352949.jpg


まき方 

水をしっかりと含ませた種まき培土に1520cm間隔で23粒ずつまき、
生育の良いものを残して間引く
植え付け間隔を広くとると花が大きくなり、狭くすると小さくなる


育て方 

日当たりと水はけが良ければ土質を選ばず、やせ地でも作れる
発芽から生育初期にかけては、土中の深いところにしっかりと
根が張るように地表面が乾いたらたっぷりと水を与える




b0182884_15353559.jpg


科属名 : キク科 キク亜科 ヒマワリ属


学名 : Helianthus annuus


産地 : チリ


別名 : 日輪草(ニチリンソウ)


英名 : Sunflower


花言葉 :あなたを見つめる  



参照






More
by kasaburannkatei | 2019-08-14 16:08 | 花図鑑 夏 | Trackback

サンリッチヒマワリは、切り花として売られているヒマワリの

70%以上を占めているという

タキイ種苗(株)の研究農場で育種に取組み始めてから

十数年という長い時間をかけ開発・誕生した

花粉がなく花の直径が10cmくらいと小さく、草丈が150cm前後で

茎が細いサンリッチヒマワリが91年に市場に登場し

日本だけではなく世界の花市場に、切り花のヒマワリ市場を創出し人気品種となっていく

「サンリッチ」とは「太陽(sun)に満ちあふれた(rich)」に由来し

現在、オレンジ、マンゴー、レモン、パインなどフルーツの名前を付けた品種が発売されている




b0182884_21554673.jpg


フレッシュレモンは、さわやかなレモン色の花弁がきれいに整って並ぶ
美しい花型のヒマワリで、切花用ひまわりサンリッチの緑芯タイプ
花芯が緑色から次第に美しい橙色に変化する

花粉が出ない完全1本立ち品種、周年最短55日で開花する
F1サンリッチシリーズ 55日タイプ適温さえ保てば春~初秋までまくことができる



b0182884_21555533.jpg




草丈は約100150cm 花の直径は10~20cm前後

播種時期は4月上旬~7月上旬 発芽温度は25℃前後

開花時期は6月中旬~7月中旬 9月中旬~10月中旬(まく時期により異なる)



b0182884_21560281.jpg




b0182884_21560995.jpg


まき方 

水をしっかりと含ませた種まき培土に1520cm間隔で23粒ずつまき、
生育の良いものを残して間引く
植え付け間隔を広くとると花が大きくなり、狭くすると小さくなる


育て方 

日当たりと水はけが良ければ土質を選ばず、やせ地でも作れる
発芽から生育初期にかけては、土中の深いところにしっかりと
根が張るように地表面が乾いたらたっぷりと水を与える




b0182884_21561776.jpg



科属名 : キク科 キク亜科 ヒマワリ属


学名 : Helianthus annuus


産地 : アメリカ


別名 : 日輪草(ニチリンソウ)


英名 : Sunflower


花言葉 :あなたを見つめる  



参照








More
by kasaburannkatei | 2019-08-13 23:05 | 花図鑑 夏 | Trackback
夏の花木の代表、サルスベリ
つるつるした樹皮と、クレープのように縮れた花房が特徴です

ペパーミントレースは、花の一つ一つが紅に白覆輪で
花穂全体が泡立つようなレース模様になっています
赤に白の覆輪のある2色咲き、1才性なので若木より花をつけます

樹高は3m程度になる中低木
多少寒さに弱く、栽培は南東北地方以南向きです
国内では「大虹」または「夏祭り」という品種名でも流通しています 


b0182884_22143717.jpg




タイプ:ミソハギ科サルスベリ属の落葉中低木
樹高:3m
開花期:6月下旬~9月頃(早生)
栽培適地:南東北地方以南
生育条件:日向を好む



b0182884_22144448.jpg



栽培方法
日当たりと水はけのよい場所に植えつける
鉢植えの場合は乾燥に注意する
剪定は冬の落葉期に行い、自然樹形になるように枝先を整えますが
狭い庭で樹冠を広げたくない場合は、毎年同じ位置まで枝を切り戻します
花房が大きいので、花後に花柄を切るとよい
寒中の移植は避ける
肥料は1~2月に寒肥として油粕や骨粉を、また5月と8~9月に緩効性肥料を根元に施す




b0182884_22145099.jpg




科属名 :  ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木

学名 : Lagerstroemia indica

原産地 : 中国南部
  
別名 : 百日紅(ヒャクジツコウ)

花言葉 : 雄弁 愛嬌 不用意 あなたを信じる 潔白


参照




by kasaburannkatei | 2019-08-12 13:16 | 花図鑑 夏 | Trackback

ミニヒマワリ 夏物語

ミニヒマワリ 夏物語は、(株)トーホクのタネ(生産地は岩手県)
鉢植えやプランターに最適な草丈の低い品種のヒマワリです
黄色とクリーム色の混合品種で、密植すると可愛い


b0182884_22020630.jpg



花の大きさは、9~10cm
草丈は、小鉢では10~20cm 花壇では40~60cmになります


b0182884_22021231.jpg



播種時期は、4月下旬~6月下旬 
発芽適温は、25℃前後
開花までの日数は、60~70日
開花時期は、7月上旬~9月下旬


b0182884_22021945.jpg



育て方
日当たりと水はけのよい場所を好みます
タネは大きくてまきやすく、床まきか直まきします
床まきの場合は本葉2~3枚で定植します
60cmプランターで4~6本が目安です
生育が早いので、定植は遅れないように注意します
発芽したばかりの頃は虫やナメクジに食べられやすいので注意!
カバー等で防御してあげるとよい
ナメクジは鉢の下に多くいるので見つけたらすぐ駆除する


b0182884_22022667.jpg



b0182884_22023337.jpg


参照





More
by kasaburannkatei | 2019-08-06 22:34 | 花図鑑 夏 | Trackback

庭のお花の成長記録。花に囲まれた自然のなかで, の~んびり♪


by kasaburannkatei